どっちもおいしい!2種類の桜餅♪

関西風の桜餅と関東風の桜餅、材料も作り方も形も異なりますが、どちらも江戸時代からの古い歴史を持つ、春を感じられる和菓子です。 関西風は道明寺粉を使ったもちもち食感、小麦粉で皮をつくる関東風の桜餅はこし餡のさらっとした口当たりが特徴と、味わいにも違いがあるので、贅沢に2つ同時に味わうのもおすすめです♪ どちらも自宅で簡単に作ることができるので、ぜひお試しを!
Photos:6枚
青い皿に盛られた、道明寺と桜餅
黒いトレーに置かれた道明寺
白っぽい長方形皿に盛られた、3つの桜餅
黄土色の正方形皿に盛られた桜餅
黄土色の桜の花びら型の器に盛られた道明寺
ピンク色の桜の花びら型の器に盛られた桜餅
一覧でみる
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS