かわいくてスマート♪ 干菓子の種類や特徴&自宅で作れるレシピも

世界中から注目されている、日本伝統の和菓子。その中でも、かわいさとスマートさを兼ね備えている干菓子をピックアップしました!干菓子とはどんな和菓子を指しているのか、また、代表的な干菓子もご紹介します。ふだんのお茶請けから贈り物まで、おすすめのものばかりです♪

2019年11月20日 更新

干菓子とは

干菓子とは、水分の少ない和菓子のことです。和菓子を水分量で分類すると、生菓子、半生菓子、生菓子に分けられますが、干菓子は水分量が20%以下のもの。落雁などの打ち菓子や、丸ボーロなどの焼き菓子、揚げ菓子であるかりんとうや、炒り豆などの豆菓子、おなじみの煎餅も米菓として干菓子に分類されています。

代表的な干菓子の種類

美しい文様も魅力♪「落雁」

ITEM

諸江屋「万葉の花」

容量:15個入

¥1,944〜 ※2019年11月9日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
粉や砂糖を型で成型したあと打ち出す打菓子、落雁です。落雁で知られる金沢の諸江屋は、創業嘉永二年という歴史を持つ老舗。古くから使われる型を用いて作られた「万葉の花」は、素材の持ち味を生かした風味豊かなお菓子です。

見るだけでほっこり♪ 「金平糖」

ITEM

金沢金箔の箔一(はくいち)「金箔入り・金平糖」

容量:60g

¥432〜 ※2019年11月9日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
でこぼこした形とカラフルな色合いがかわいらしい金平糖。カステラなどとともに日本に伝わった、南蛮渡来のお菓子です。金箔がちりばめられた箔一の金平糖は、口溶けがよく上品な味わい。お祝いやちょっとした贈り物にもぴったりです。

日本の干菓子といえばコレ!「煎餅」

ITEM

志免屋「草加せんべい詰合」

容量:50枚入り(特選堅焼12枚、ゴマ6枚、焼きのり10枚、ザラメ5枚、青のり6枚、砂糖(白)5枚、エビ6枚)

¥3,600〜 ※2019年11月9日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
日本人にはおなじみの煎餅は、おかきなどとともに米菓に分類されています。バリンとした食感と醤油味が魅力の草加せんべいは、埼玉県草加市の名産品。志免屋の草加せんべいは、国産コシヒカリ系のうるち米を使い、伝統製法を基本に作られています。

歯ごたえカリカリ!「八ツ橋」

ITEM

京栄堂「角切八ツ橋」

容量:150g×10袋

¥1,798〜 ※2019年11月9日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
カリカリした歯ごたえとニッキの風味がたまらない、堅焼きせんべいの一種八ツ橋。長細い琴型ですが、こちらの商品は小さくカットされており、食べやすさも抜群です。一度食べ始めると止まらない、と口コミでも高い評価を得ています。

口溶けがたまらない♪ 「和三盆糖 」

ITEM

京菓子富久屋「和三盆糖・宝づくし 」

容量:50g

¥832〜 ※2019年11月11日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
すっと消えるような口溶けと上品な味わいが特徴の和三盆は、古くから四国で作られている和三盆等を材料とした打菓子のひとつです。木型を使うため細かな模様がつけられ、舌だけでなく目も楽しませてもらえます。
1 / 2
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

kinako

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう