ライター : macaroni編集部レポート

macaroni編集部の取材アカウントです。注目の新店舗やイベント・グルメフェスへ、macaroni編集部員が足を運び、最新のレポートをお届けします。

編集部が厳選!渋谷スクランブルスクエアの注目グルメ

Photo by macaroni

11月1日(金)に開業した、大型複合施設「渋谷スクランブルスクエア」。ショップ&レストラン全213店が同時にオープンしました。飲食店の数だけでも、なんと85店!(食物販含む) これだけ多いと「正直、店がありすぎてわからない」「本当におすすめな店は?」そんな風に思いますよね。 すべてご紹介したいとも思ったのですが、この記事では編集部イチの美食家が、“実際に食べてよかったグルメ” をお届け。レストラン&バー6店、手土産4つ、お惣菜5つ、選びぬいたものをレポートします。

今回のレポーター

macaroni編集部 編集ディレクター もちこ macaroni編集部イチの食べ歩きニスト。寿司をこよなく愛し、日々おいしい店を探し求めている。iphone7のカメラでも、愛情ゆえにシズル感を引き出すのが得意。

1. 日本初上陸!「José Luis(ホセ・ルイス)」

Photo by macaroni

「濃厚海老出汁のフィデワ アイオリエスプーマ」 1,600円(税別) ※コース料理にも含まれます。
まず注目すべきは、スペインから日本初上陸した「José Luis(ホセ・ルイス)」。創業1957年の同店は、スペインのマドリードで市民の人々に愛されてきた伝統的なレストランです。 日本店では、本場の味をベースに “革新” をテーマにしているとのこと。いわゆるスペイン料理のイメージしていたら、思いきりくつがえされました。

スペイン前国王も愛したトルティージャ

「濃厚チーズがとろけるスフレトルティージャ 」S 1,400円、L 2,800円(税別)
スペイン前国王がそのおいしさのあまり「スペインで一番だ! 」と絶賛したというトルティージャ。このために作られた専用卵のスフレはふわっふわ……味の濃いチーズの旨みもたまりません。 またお酒好きの心をくすぐるポイントが、ホセルイスの所有ワイナリーで作られたワイン。スペイン王室の御用達ワインとのことなのですが、それが日本店のためだけに輸入されているんです。

Photo by macaroni

さらにゴールドを貴重とした品のある店内は、日常を忘れさせてくれます。とくに店奥のボックス席が隔離されていて雰囲気抜群ですね。「ディナー価格はちょっとお高いかも」という人は、1,800円のランチで体験してみてはいかが?

店舗情報

2. 雰囲気のよさNo.1「CARVAAN TOKYO(カール ヴァーン トウキョウ)」

Photo by macaroni

その異世界ぶりに感激してしまった地中海・アラビア料理レストラン「CARVAAN TOKYO(カール ヴァーン トウキョウ)」。渋谷エリアでここまで雰囲気の作り込まれた店は、ほかにないのでは? 西欧料理の源流ともいわれるアラビア料理は、いま世界中で注目されているトレンドグルメでもあります。そういった意味でも、ここはチェックしておきたいですね。

Photo by macaroni

「アラビアン・プレート」2,640円(税込)
とはいえ、アラビア料理といわれても正直ピンとこなかった筆者。 「野菜や豆が中心だし、味がうすそう」と不安だったのですが、これはおどろきです。 パプリカとくるみのペースト、そら豆と香味野菜のペースト、これが辛いわけでも濃いわけでもないのにパンチが効いている……!絶妙なバランスで現代風にアップデートされており、馴染みやすい味ですね。
Photos:29枚
多くのグルメ
本をもつ女性
エビを使ったスペイン料理
スプーンですくうトルティージャ
ホセルイスの内観
器に入った地中海料理
小さいお皿に盛られた料理
カール ヴァーン トウキョウの内観
盛られた食材
オマールエビのもんじゃ
盛られたキャベツと食材
お皿の上にある寿司
エビがのった寿司
松栄の看板
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS