時間ごとにお店が変わる⁉️ 渋谷「なんとかプレッソ2」を徹底レポート

2019年11月1日(金)、ついに地上47階建ての大規模複合施設「渋谷スクランブルスクエア」が開業しました。今回は渋谷スクランブルスクエアの2Fにオープンした「なんとかプレッソ2」を徹底レポート!なにやら時間ごとでお店が変わるしかけもあるんだとか…。豊富なメニューも必見です。

2019年11月2日 更新

渋谷スクランブルスクエアに「なんとかプレッソ2」がオープン

2019年11月1日、ついに渋谷一の高さを誇る地上47階建ての大規模複合施設「渋谷スクランブルスクエア」が開業しました。

そんな渋谷スクランブルスクエアの2Fに、自由が丘の大人気店「なんとかプレッソ2」がオープン!同店は、「パンとエスプレッソと」や「フツウニフルウツ」などの大人気店を手がけてきた石井ツヨシ氏による新ショップです。

今回新しくオープンした「なんとかプレッソ2」には、なにやらおもしろい “しかけ” があるんだとか……。

今回のレポーター

macaroni編集部 ライター るな
母の餃子と父のカレーをこよなく愛する、編集部の中で最年少の女子大生ライター。白米が大好きだが、甘いものにも目がなく、食べものに埋もれる生活をしていたい。
▼編集部のいちおしグルメはこちら

“しかけ” を解明しに、さっそく潜入…!

黄色でなんとかプレッソと書かれた壁

Photo by macaroni

お店は渋谷スクランブルスクエアの2Fですが、館内ではないので要注意。渋谷警察署の方にある大きな歩道橋から直結した場所に、「なんとかプレッソ2」はあります。
場所さえ間違えなければ、グレーと白で彩られた個性的な壁の模様と、黄色で書かれた「なんとプレッソ」というロゴが目立つので、すぐ見つけることができます!

今までに見たことのないお店のシステム…!

25と書かれた小さな白い看板

Photo by macaroni

なんとかプレッソ2の横には、「25(トゥーゴー)」という看板が掲げられています。この25(トゥーゴー)という数字は、なんと、“テイクアウト” を意味しているそう。

そう、今回オープンしたなんとかプレッソ2は、カフェ形式の「なんとかプレッソ」とテイクアウト専門のお店に分かれているのです。

そのテイクアウト専門店がとにかくおもしろい……!気になるその秘密は後半でご紹介しますので、まずは、カフェ「なんとかプレッソ」のレポートをお楽しみください。

遊び心満載の店内がおもしろい

椅子とでこぼこのテーブル

Photo by macaroni

外観からでも伝わる個性的な雰囲気に胸を躍らせながら、カフェの店内へ。席の高さがでこぼこだったり、信号機を表現したオリジナル砂時計があったりと、店内も遊び心が満載です。

この空間にいるだけでなんだか楽しくなってきますよ。

今回いただいたメニューは…

なんとかプレッソのふつうのラテ

Photo by macaroni

「ふつうのラテ」500円 ※後方のホットドックは、テイクアウトの「ニクヨーカー」での販売

まずはなんとかプレッソのラテを注文。店名のロゴが描かれたホルダーがかわいらしいですね。それぞれのパンメニューに合う、すっきりとした味わいです。
ショーケースあるパンのお弁当

Photo by macaroni

なんとかプレッソでは、美容や健康に気を使う人にもうれしい「パンのお弁当」も販売。「たんぱくBOX」「オイリーBOX」「ビタミンBOX」の3種類から選べます。

色々なものがちょっとずつ入っているので、楽しい気持ちでヘルシーなものを食べられますよ♪
1 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

macaroni編集部レポート

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう