ライター : shucyan

フードアナリスト / 江戸ソバリエ / ソルトマイスター

「日本ワインを愛する会」会員。フードライターとして新聞・雑誌・ムック本などの紙媒体を始め、これまで複数のグルメサイト、SNSで執筆・情報提供を行い、日本テレビ「ZIP」、テレビ朝…もっとみる

カツオのカルパッチョの作り方

イタリアンのお店でおなじみのカルパッチョは、オリーブオイルを使ったサラダ仕立てのお料理です。カツオは白身魚と違って赤身魚特有のクセがありますので、やはり風味の強いゴマ油を使って対抗します。

材料(2人分)

・カツオのたたき ······ 150g ・玉ねぎ ······ 半個 ・ごま油 ······ 大さじ1杯 ・お酢 ······ 大さじ1杯 ・ラー油 ······ 少々 ・薬味(ショウガ、ネギなど)······ 適量

作り方

1. お皿の中央にオニオンスライスの1/3を盛り、周囲にカツオを立体的に並べます。 2. 残りのオニオンスライスをカツオの中心に山状に盛り上げます。 3. 薬味をオニオンスライスの上に散らします。 4. ごま油・お酢・ラー油を混ぜ合わせて、全体に回しかけます。

作るときのコツ

カルパッチョは生魚のスライスを使うことが多いのですが、カツオは寄生虫がいることがあるので表面を炙ったタタキを使うと安心です。寄生虫は冷凍することでもいなくなりますが、スーパーで調達するならタタキで売られているものの方が手間なく安心です。 クセの強いカツオには、風味の強いゴマ油がおすすめ。お好みで、すりゴマやコチジャンなどを加えてください。オニオンスライスを使っているので、カツオに鰹節もおすすめです。

カツオのカルパッチョアレンジ5選

1. カツオ和風カルパッチョ

赤身魚のカツオを使った和風のカルパッチョです。みょうがと大葉の薬味に加えて特製のソースが決め手です。練りゴマに自家製の甘酢、マヨネーズをミックスしています。ほかのお魚や帆立貝などにも使える万能ソースです。

2. こどもの日のこいのぼりカルパッチョサラダ

えっ、カルパッチョで鯉のぼり!お子様が絶賛するアイデアレシピです。具材はカツオだけでなく、キュウリやミニトマトなどのお野菜と魚肉ソーセージやスライスチーズと盛りだくさん。具材別にきれいに並べれば、見た目だけでなく味にもバラエティがあってお口が喜びます。

編集部のおすすめ