「基本のさつまいももち」の作り方&人気のいももちレシピ5選

大学いも風の蜜をたっぷりまとった「さつまいももち」のレシピをご紹介します!やさしい甘さが子供から大人まで人気のさつまいも。お菓子や料理にアレンジ無限な身近な野菜ですよね♪ そんなさつまいももちの作り方と、アレンジいももちのレシピを5つ見ていきましょう!

2019年9月25日 更新

おやつタイムに♪基本のさつまいももちの作り方(調理時間:15分)

薄いグレーのお皿にできあがったさつまいももち

Photo by mari.everydayolive

素朴な素材の甘さのさつまいももちは、品種によって少しずつ異なる甘さや風味を楽しむのはもちろん、合わせるたれや食材だけで豊富なメニューになりますよね。冷凍庫のストックにもおすすめの基本のさつまいももちの作り方をご紹介します。

材料(6個分)

ターコイズグリーンのトレーの上にさつまいもと調味料の入ったガラスの器

Photo by mari.everydayolive

・さつまいも……350g ※皮付きの状態です。
・片栗粉……大さじ3杯
a. 水あめ……50g
a. きび砂糖……10g
a. 醤油……少々
・黒ごま……適量

コツ・ポイント

皮をむいたさつまいも100gに対して、片栗粉大さじ1杯を目安に生地を作りましょう。

よりやわらかい食感に仕上げるとき、さつまいもの種類によって生地がかたく感じるときは、100gに対して小さじ1杯の牛乳を加え、耳たぶ程度のかたさの生地に仕上げます。

冷凍する場合は、成形した状態でラップに包み、冷凍庫から出してすぐの状態で揚げ焼きにするか、600wのレンジで30〜40秒常温に戻してから両面を焼き上げます。

作り方

1. さつまいもをレンジで加熱し、生地を作る。

フードプロセッサーの中にさつまいもと片栗粉

Photo by mari.everydayolive

さつまいもは、皮をむいてひと口大に切り、耐熱容器またはジッパー付き袋に入れて600wのレンジで4〜5分、やわらかくなるまで加熱しフードプロセッサーに片栗粉と合わせて入れます。
フードプロセッサーの中にできあがった生地

Photo by mari.everydayolive

全体につやが出てひとまとまりになるまで撹拌して生地を作ります。耳たぶ程度のやわらかさが目安です。硬い場合は、分量外の牛乳を小さじ1杯ずつ足して混ぜ仕上げます。
1 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

mari.everydayolive

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう