【和食を極める】もっとおいしくなる「生姜焼き」レシピ・作り方

今回は「豚肉の生姜焼き」レシピをご紹介します。豚肉の生姜焼きといっても、ロース肉を使ったり、バラ肉を使ったり、玉ねぎを入れたり、そのまま焼いたり小麦粉をまぶしたりと、十人十色のレシピがありますよね。この記事では、生姜焼きがもっとおいしくなる究極のレシピをお届けします。

2019年8月20日 更新

自分の好みを探そう!生姜焼き作りの3つのポイント

白いプレートに盛った豚肉の生姜焼き

Photo by sakura4

定食屋さんでもおうちでも大人気の「豚肉の生姜焼き」。さわやかな生姜風味の甘辛ダレが絡んだお肉は、ご飯にも、お酒にも、お弁当にも合う和食の定番メニューです。

ところで、みなさんは「豚肉の生姜焼き」といわれてどんなビジュアルの料理を思い浮かべますか?ロース肉をこんがり焼いたもの?こま切れ肉を玉ねぎと一緒に炒めたもの?こってりとタレの絡まったもの?「豚肉の生姜焼き」ってお店やおうちによっていろいろなバリエーションがありますよね。

そこで今回はまず、自分の好みを探すことから始めてみましょう。

1. お肉の選び方

豚こまで作る生姜焼き

皿に盛った豚こまの生姜焼き

Photo by sakura4

豚こまは、豚ロースや豚バラなどを切り分けるときに出る切れ端のことで、いろいろな部位が混ざっています。比較的安価で売られていることが多いため、食べ盛りのお子さまがいる家庭にはぴったりかもしれません。

豚ロースで作る生姜焼き

皿に盛った豚ロース生姜焼き

Photo by sakura4

生姜焼きといえば、豚ロースを使ったこちらの姿を思い浮かべる方が多いでしょうか。豚ロースはきめ細かくやわらかいので、生姜焼きにおすすめなんです。適度な厚みがあり、食べ応え十分なので、お肉がガッツリ食べたい、というときにぴったりですね。

豚バラで作る生姜焼き

皿に盛った豚バラの生姜焼き

Photo by sakura4

豚バラは赤身と脂身が層になった部分で、脂が多い分、やわらかく旨味たっぷりです。甘みもあり、野菜との相性が抜群なので、生姜焼きにするならぜひ玉ねぎと合わせてみてください。

2. 玉ねぎの有無

玉ねぎを入れる生姜焼き

豚肉の生姜焼きに玉ねぎを入れると甘みが増すだけじゃなく、ボリュームもアップします。玉ねぎと一緒に炒めるなら豚こまか豚バラがおすすめ。玉ねぎには血液をサラサラにする効果も期待できるので、積極的に取り入れたいですね。

玉ねぎを入れない生姜焼き

やっぱり肉料理は肉の味をガッツリ楽しみたい!そんな方は豚ロースを玉ねぎなしで焼くのがおすすめです。ただし、付け合わせでたっぷりの野菜を摂ってくださいね。
1 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

sakura

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう