ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

夏にぴったり!新・ごはんのお供

Photo by muccinpurin

こうも暑い日が続くと、体調を崩しがち……。夏バテを防ぐには、なんといってもしっかり食べることが大切。暑くて食欲がなくてもモリモリごはんが食べられる、とっておきのごはんの供をご紹介します! 庭に、摘んでも摘んでも生えてくる大葉はありませんか?安かったから100枚買ったけど、使い切れない大葉はありませんか? 今回のレシピは、そんな大葉をコチュジャンの甘辛だれに漬けた「ヤンニョム大葉」です。

作り方

Photo by muccinpurin

たれの材料を混ぜて大葉と重ねるだけなので、作業時間はたった10分ほど。さっそく作っていきましょう!

材料

・大葉……20枚 ☆コチュジャン……小さじ1杯 ☆しょうゆ……大さじ1.5杯 ☆砂糖、ごま油、白ごま……大さじ1杯 ※コチュジャンだけひと回り大きいボウルで計量すると、材料を混ぜやすくなります。 【賞味期限:2~3日 取り出すときは清潔な箸を使ってください】

作り方

1. ヤンニョムだれを作る

Photo by muccinpurin

まずは漬けだれとなるヤンニョムだれを作ります。☆の材料を混ぜていくだけですが、ちょっとしたコツが。 まずコチュジャンをボウルに入れ、そこにごま油を少しずつ入れてなめらかになるまで混ぜます。小さな泡だて器があると作業がラクになりますよ。続いて砂糖、しょうゆ……という順番。 一度にボウルに入れて混ぜると、固いコチュジャンがダマになり、混ざりにくくなります。少しのコツですが、ぐっと作業がスムーズになりますよ。

2. 大葉とヤンニョムだれを重ねる

Photo by muccinpurin

清潔な容器に大葉を1枚入れ、ヤンニョムだれを少量かけます。大葉、ヤンニョムだれ、大葉……という感じで、すべての大葉を重ねます。 2枚程度なら大葉が続いても味がなじむので、あまり細かいことは気にせずに重ねていってください。

Photo by muccinpurin

重ね終わったらふたをして、冷蔵庫で2時間以上漬けます。

できあがりです!

Photo by muccinpurin

大葉がしんなりとして、先ほどよりぐっとかさが減っています。「これで20枚!? 」と思うほどしんなり。このしんなり感がおいしく漬かった証拠です。 さっそく、炊き立てのごはんでいただきます!

特集

FEATURE CONTENTS