ライター : Mari

オリーブオイルソムリエ / 北海道フードマイスター

オリーブオイルの専門家でありつつ食材全般大好きな自営業・一児の母。身近な素材や調味料を使ってシンプルに、添加物少なめ頑張り過ぎない〝笑顔が見られるおうちご飯〟がモットー。毎…もっとみる

Photo by mari.everydaiolive

手を抜いてもジューシー♪絶品から揚げと万能薬味だれ

Photo by mari.everydayolive

ご飯もお酒も進む、みんな大好きなから揚げ。生姜やにんにく、醤油や中華風調味料などを組み合わせてオリジナルの味付けをしようとすると、意外なほど手間が多いと思いませんか? 「ちょっぴり手抜き」が得意な筆者は、手を抜けるところは抜いて、その分「少しでもおいしくなる手間は惜しまず」を心がけています。 今回ご紹介するのは、丁寧に衣漬けをして2度揚げすることでカラッとさせつつ、衣はしっかりのザンギ風ジューシーから揚げ。レシピは数あれど、ここまでシンプルで、かつ絶賛される味付けは他にないかも? 旨味の詰まったラーメンスープの素さえあれば、お好みのスパイスを加えるだけでアレンジ無限!から揚げと相性ばつぐんの万能薬味だれと合わせて、作り方をお教えします。

アレンジ無限⁉︎ ジューシーから揚げの作り方

材料(4人分)

・鶏もも肉(からあげ用可)……500〜600g ・お好みのラーメンスープの素……1人前分 ・薄力粉……大さじ2弱 ・片栗粉……適量 ・揚げ油……適量

鶏もも肉の下処理

※からあげ用のお肉を使う場合、この作業は必要ありません。

Photo by mari.everydayolive

まとめてたくさん作る場合は、業務用サイズの鶏もも肉を用意した方がコスパが良いです。黄色味を帯びた脂と血合いや太めの筋を取り除き、6〜8等分のひと口大に切りましょう。 刃先の尖ったキッチンばさみを使用すると、細かい作業もスムーズ。丁寧にしっかり取り除くことで、臭みがなく食感よく仕上がります。 万が一、冷蔵臭の気になるものを買ってしまった場合は、思い切って水でサッと洗い流してキッチンベーパーで水気を取ってから下処理をするのがおすすめです。

作り方

1. 鶏もも肉と調味料を袋で合わせる

Photo by mari.everydayolive

2重にしたビニール袋に下処理した鶏もも肉とラーメンスープの素を入れ、しっかりと混ぜ合わせます。10分放置したら薄力粉を入れ、こちらもしっかり混ぜ合わせます。 ※鶏もも肉はこの作業をする15分前には冷蔵庫から出し、常温に戻った状態で揚げられるようにしましょう。

2. 下味をつけた鶏もも肉にひと切れずつ片栗粉をまぶす

Photo by mari.everydayolive

下味をつけた鶏もも肉に片栗粉をまぶします。、ひとつずつ、丸くなるようにまぶすことで、総菜屋さんのような、どこから見ても整った仕上がりになりますよ♪

3. 【一度揚げの工程】鍋または深めのフライパンに揚げ油を熱し、低温で揚げる

Photo by mari.everydayolive

揚げ油を160度に熱し、片栗粉をまぶした鶏もも肉を揚げていきます。揚げ初めの2分は触れず、じっくりと衣に火が通るのを待ちます。こうすることで、衣はげの防止にもなります。 ※今回は20cmの深めのフライパンを使用して半量ずつ揚げました。

Photo by mari.everydayolive

2分経ったら裏返して、さらに1分半〜2分揚げます。ほんのりきつね色になったら一度網の上に取り出します。

Photo by mari.everydayolive

網の上に取ったら4〜5分程度置き、余熱で火を通します。

特集

FEATURE CONTENTS