ライター : akiyon

犬のお散歩と毎日のお弁当作りにいそしむ主婦です。「食」と「暮らし」を大切にしています。魅力あるお弁当の作り方や、新商品の食レポなど、暮らしに役立つ情報をお届けします。

みそ効果で野菜がコク深い

Photo by akiyon

肉や魚を味噌漬けにすると素材の旨みが凝縮され、ご飯のおかずやお酒のおつまみに大活躍!同じように、野菜をみそに漬けてもおいしいのをご存知ですか? 今回は、簡単に作れる「野菜の味噌漬け」のレシピをご紹介します。ちょっと変わり種も漬けてみたので、お楽しみに♪

「野菜の味噌漬け」の作り方

材料

Photo by akiyon

みそ床の材料 ・みそ……100g ・みりん……大さじ4(アルコール分が心配な方は、煮切ってから使用してください) お好みの野菜 保存袋

手順

1. みそ床を作ります

Photo by akiyon

みそ床は、みそにみりんやしょうゆを加えて作るのが一般的です。今回は、みそ100gに対してみりんが大さじ4杯と、少し甘めの味つけです。 みその種類によって塩分が異なりますので、味見しつつ加減してみてくださいね。にんにくや顆粒の和風だしの素を加えてもおいしいですよ♪

2. 好みの野菜をカットします

Photo by akiyon

野菜を洗いよく水気を拭いたら、食べやすい大きさにカットします。薄めにカットすると、漬け時間が少なくてすみますよ。

3. 保存袋にみそ床と野菜を入れ、冷蔵庫で保存します

Photo by akiyon

ジッパーつきの保存袋に、みそ床とカットした野菜を入れます。野菜にみそ床がまんべんなく絡まるようにし、冷蔵庫で保存します。野菜により仕上がりが異なりますが、漬かりやすいものだと2~3時間で仕上がりますよ。 今回はしっかりめに、すべてひと晩漬けてみました。

いろいろなものを漬けてみました

「にんじん」は独特なクセがまろやかに

Photo by akiyon

まずは漬物の素材としてポピュラーな「にんじん」から味見をしてみることに。薄めにスライスしたので、硬い食感のにんじんもひと晩漬けるとしっとりつややかな漬物になりました。 みそ床の甘めの味わいをダイレクトに楽しめ、ぬか漬けよりもクセが少なく感じます。にんじんの独特の風味も食べやすく変化していますよ。思ったより鮮やかな色合いに仕上がり、食卓の彩りにも役立ちそうです♪
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS