ライター : bluesheepmico

主婦 / インスタグラマー

ドーンとおかずを乗せたインパクト大なのっけ丼が、食欲そそる…と大人気!「おいしい」より「うまい!」が似合う、迫力満点の料理を召し上がれ♪

Photo by bluesheepmico

BONIQで簡単!タレまで絶品よだれ鶏

Photo by bluesheepmico

「マカロニメイトわが家の肉フェス」企画で頂いた「BONIQ」。 このBONIQで私が一番に作りたかったのが鶏むね肉のよだれ鶏です。 鶏むね肉は高タンパク、ヘルシー、お手頃と三拍子揃った優秀食材なのに、どうしてもパサついてしまう……。 私、いや、お料理をする方全員の永遠のテーマ、鶏むね肉をしっとり調理する。 それを叶えるべく、BONIQでよだれ鶏を作ってみましたよ! 私が考案した旨ダレと相性ばっちりな絶品よだれ鶏レシピをよだれダラ~でご覧あれ!

材料(4人分)

Photo by bluesheepmico

鶏むね肉 2枚 680g 塩 小さじ1 よだれ鶏のタレ 出来上がり量 380cc かんたん酢 50cc 出汁醤油 50cc 蜂蜜 大さじ3 コチュジャン 大さじ1 豆板醤 小さじ1 りんご 半個 ニンニク 大3片 生姜 1片 長ネギ 3分の1本 青ネギ 大さじ3 炒り胡麻 大さじ2 レモン果汁 大さじ1 胡麻油 大さじ1 ラー油 小さじ2 お好みで(以下、全て適量) 食べるラー油  イタリアンパセリ  パクチー レモン

作り方

① 鶏むね肉は皮と余分な脂を取り除き、バットに並べて全体に塩を振り30分くらい置く。

Photo by bluesheepmico

② 鶏肉から出た水分を拭き、ジッパー付きポリ袋に入れてしっかりと空気をぬく。 ストローを使ったり、水に浸けながら圧力を利用したりすると空気をぬきやすくなります。
③ 水をはったお鍋にBONIQをセットして、鶏肉を入れたら63℃/1時間に設定して、スイッチON! パンフレットなどでは鶏肉1枚で調理していますが、2枚でもちゃんと出来ました。

タレ作り

④ りんごとニンニクはすりおろす。 りんごは皮ごとでも大丈夫です。
⑤ 生姜、長ネギは細かいみじん切り、青ネギは小口切りにする。

Photo by bluesheepmico

⑥ 全ての材料と調味料を混ぜ合わせて、冷蔵庫で3時間程冷やして馴染ませればタレの完成。 作ってすぐでも食べられます。

仕上げ

Photo by bluesheepmico

⑦ BONIQの低温調理が終わったら、鶏肉を食べやすい大きさにカットする。 包丁を寝かせて、少し斜めに切ります。 この時点でしっとりしているのが分かりますね。

Photo by bluesheepmico

⑧ お皿に盛りつけ、タレをかければ完成。 お好みで、パクチーやイタリアンパセリ、食べるラー油、レモンなどを添えて。
ギャー! ビックリするくらい旨い~! そして鶏むね肉がまったくパサつかずしっとり。 舌触りも絹のように柔らかい! 鶏の旨味をしっかり感じられます。

暑い日のおつまみに!白ごはんとも相性抜群

Photo by bluesheepmico

いかがでしたか? BONIQはほったらかしにしておいても、文句も言わず、良く働く本当にお利口さんでした。 そして、美味しいタレを作った私も自分で褒めておこうと思います。 暑い日のおつまみにはもちろん、白いご飯にも良く合います。 皆様も是非BONIQで絶品よだれ鶏をお試しあれ!
マカロニメイトは随時募集中!登録は以下のリンクからどうぞ!
bluesheepmicoさんが執筆した他の記事もぜひ!▼

特集

FEATURE CONTENTS