ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

「これ気になってた!」が勢ぞろい

Photo by akiyon

広い店内に所狭しと並べられた魅力的なアイテム。業務スーパーはいつ行っても新鮮な発見があってワクワクしますよね。 とはいえ、気になっていたけど買ったことがないアイテムってありませんか? 今回は業務スーパーのアイテムで、macaroniユーザーが「本当に気になっている商品」をランキング形式でご紹介します。実際に使ってみて、自信をもっておすすめできるアイテムがそろいましたよ。

10位 下処理いらず!「冷凍スライスれんこん」

Photo by akiyon

「スライスれんこん」168円(税抜)
れんこんをよく使う人はおわかりかと思いますが、繊維質のれんこんをきれいにスライスするのってかなりテクニックがいるんですよね。途中で割れたり、固さのあまり厚みがばらついたり……。 すでにスライスして軽く湯通しまでしてある「スライスれんこん」は、そのまま調理に使える便利アイテム。湯通し済みなので変色しにくいところも、うれしいポイントです。

Photo by akiyon

薄すぎず、厚すぎず絶妙なスライスれんこんなら、揚げ物もホクホクに仕上がります。すでに軽く湯通ししてあるので、衣に火が入る程度にカラッと揚げるだけで完成! 青のりの風味がれんこんの甘みとマッチして、おつまみやお弁当にぴったりですよ。

9位 100円で本格味!「ケイジャンスパイス」

Photo by muccinpurin

「ケイジャンスパイス」98円(税別)
数ある世界の調味料のなかでも、マニアック度が高かったのが「ケイジャンスパイス」。アメリカ南部の伝統料理・ケイジャン料理に欠かせないスパイスが、これひと瓶に詰まっています。 塩こしょうほどのボトルに入って98円と、お試しで使うには申し分ない価格。数種のスパイスを用意して調合することを考えると、ひと振りで味が決まるケイジャンスパイスはかなり優秀!

Photo by muccinpurin

まずは王道・ケイジャンチキンで実食。フォークで穴を開けた鶏むね肉に、ケイジャンスパイスをしっかりと刷り込んで冷蔵庫で味をなじませます。おいしいケイジャンチキンを味わいたければ、最低でも3時間は寝かせたいところ。 あとはオーブンでこんがりと焼けば、にんにくとスパイスの香りが効いたケイジャンチキンの完成です。このスパイスひとつで味が決まるので、アウトドアでも活躍してくれること間違いなし!フライドポテトやシーフードなど、どんな食材もスパイシーに仕上げてくれますよ。

8位 いつでも完熟♪ 「冷凍いちご」

Photo by akiyon

「冷凍いちご」246円(税込)
冬から春にかけての旬こそお手頃価格ですが、時期を外すとかなり高価でなかなか手が出ないいちご。 業務スーパーの冷凍いちごは500g入って246円とコスパも高く、お菓子作りなど一度にたくさんのいちごが必要な時でも惜しみなく使えるんです。

Photo by akiyon

暑い季節には、さっぱりデザート感覚で飲めるいちごスムージーがおすすめ。ヘタが取り除かれているので、冷凍庫から取り出してそのまま使えるのも手軽です。 さらに冷凍いちごに砂糖をかけてそのまましばらく置き、水分が出たところで軽く煮込めば、かき氷にも使える手作りコンポートに。手作りシロップがあればいつものかき氷の満足度もぐっと上がりそうですね♪

7位 とにかく万能!「刻みにんにくのオイル漬け」

Photo by akiyon

「刻みにんにくのオイル漬け」175円(税抜)
炒めものやパスタなど幅広く使えるにんにくですが、皮むきの手間やまな板、指ににおいがつくのが難点。とはいえ、にんにくの風味や味わいはほかの食材では出せないんですよね。 業務スーパーの「刻みにんにくのオイル漬け」があれば、手もまな板も汚さずにどんな料理もガーリック風味に仕上げることができるんです。オイル漬けになっているところがミソですよ。

Photo by akiyon

にんにくが味のポイントになるブルスケッタも、刻みにんにくを使えばお手のもの。オイルに少し砂糖が入っているので、にんにくの辛さもマイルドでとても食べやすいんです。 にんにくをたっぷりと使うアヒージョやバーニャカウダソースも、これさえあればほかの調味料と混ぜるだけ。なるべく料理の手間や生ごみを減らしたいアウトドアでも活躍してくれそうです!

6位 もちもち食感にはまる!「ポンデケージョ」

Photo by akiyon

「ポンデケージョ」248円(税抜)
もちもち食感が人気の「ポン・デ・ケージョ」、実はブラジル生まれだって知ってました?業務スーパーで取り扱っているポンデケージョは、ブラジルのポンデケージョ専門メーカー「ピフパフ(PifPaf)」の商品。さすがブラジル、専門メーカーがあるんですね! ブラジル国内やホテルにも卸している本格的な味を、家庭でも味わうことができるんです。

Photo by akiyon

タピオカ粉にブラジルではメジャーな「ミナスチーズ」をベースに、卵やホエイパウダーなどを混ぜ込んだポンデケージョは、想像以上にもっちもち! アルミホイルをかけながらトースターで15分焼くだけで、外がカリッとなかはもちもちの食感が楽しめます。これはもう、パンというより香ばしいチーズもちです。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS