ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

本格的なケイジャン料理がこれ1本で!

Photo by muccinpurin

アメリカ南部で古くから食べられているケイジャン料理。今回ご紹介する業務スーパーの「ケイジャンスパイス」があればすぐに作ることができるんです! スパイスって、一度買っても使い道に悩んで結局残ってしまうという方も多いですが、ご心配には及びません!どんな料理もひと振りでアメリカ南部のスパイシーな風を吹かせる、万能調味料なんです。 今回はスパイスを使って、本格ケイジャンチキンを作ってみました!

アメリカ南部に伝わる「ケイジャン料理」

突然ですが、ケイジャン料理ってどんな料理かご存知ですか?「聞いたことはあるけど具体的にはわからない……」という方がほとんどだと思いますが、ジャンバラヤなら知っている人もいるのではないでしょうか。実はジャンバラヤもれっきとしたケイジャン料理。 もともとアメリカ南部で生まれたケイジャン料理は、数種のスパイスを使ったホットな味わいが特徴。実際、ジャンバラヤもスパイシーでクセになる味付けなんですよね。

Photo by muccinpurin

業務スーパーのケイジャンスパイスは、原材料表示を見る限りパプリカ、クミン、ガーリック、唐辛子……と合計9種類のスパイスを配合。そこに岩塩と砂糖をプラスして辛さと旨みのバランスを取っているようです。

この一本で「ケイジャンチキン」ができる!

Photo by muccinpurin

98円(税別)
実際ケイジャン料理に興味があっても、9種類のスパイスをそろえるのはひと苦労。しかもスパイスを作るうえでもっとも大切な調合が、大きなハードルになるんですよね。 どのスパイスをどれくらい入れれば正解なのかわからなくなり、コストばかりかかって結局挫折してしまっては意味がありません。業務スーパーのケイジャンスパイスは、すでにスパイスがミックスされているので味は保証済。価格も100円ほどとコスパも申し分なしです!

ケイジャンチキンの作り方

Photo by muccinpurin

材料さえ準備すれば、味をなじませて焼くだけでとても簡単ですよ!

材料

・鶏むね肉……1枚 ・ケイジャンスパイス……適量 ・酒……大さじ2杯 ・塩……ひとつまみ ※鶏もも肉や手羽先などお好みの部位を使ってください。

作り方

1. 鶏肉の下準備をします

Photo by muccinpurin

鶏肉はフォークで全体を刺して穴をあけます。これで味の染み込みがよくなりますよ。 塩を粘りが出るまでもみ込み、酒を加えてさらにもみ込んで、しっかりと水分を含ませます。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS