ライター : akiharahetta

フードコーディネーター / 野菜ソムリエ

フード業界在籍歴10年以上。湘南の自宅と千葉の自宅を往復し、2つのキッチンを操るライフスタイルを送る。3度の飯とサーフィンが大好き。

たまには…こんな料理に挑戦してみない?

Photo by akiharahetta

SNSやフード業界を席巻し続ける赤い食材と言えばビーツ。料理に取り入れれば、即トレンド感のあるインパクト大なひと品が完成します。チャンスがあれば挑戦したくなりますよね。 だけど、ご存知の通りビーツは珍しい根菜。いつでも簡単に手に入るワケではなく、入手できたとしても下ごしらえの方法がわからなかったりします。そこで便利なのが、業務スーパーのビーツ。 今回はその便利さをレシピとともに詳しくご紹介します。

業務スーパーの「テーブルビート」

Photo by akiharahetta

業務スーパー「テーブルビート」178円(税抜)
こちらが業務スーパーのビーツ「テーブルビート」500g入りです。ビーツをシンプルにボイルした商品で、そのまま食べられるすぐれものです。 要冷蔵なのでこれからの季節の買い出しには、クーラーバッグの対策をお忘れなく♪

開封してみると…ゴロゴロっと!

Photo by akiharahetta

しっかりエイジレス(脱酸素)されたパッケージをハサミでカットして開けると、中から500g分のビーツがゴロゴロと出てきました。特大3個と中1個でしたが、個数にはバラつきがあるようです。 それにしてもゆで汁の真っ赤なこと!とても鮮やかです。

やわらかいので簡単に切れます

Photo by akiharahetta

業務スーパーのビーツはとってもやわらか!包丁で簡単にカットできますよ。 スライスしてサンドイッチにもおすすめと書いてあるので、そのまま味見してみると……とても甘い! 砂糖が入っているのかと確認してしまったほど、甘くておいしいです。根菜のほっくりした味わいをしっかり残したまま、上手にゆでてあります。 面倒な下ごしらえをパスして、使えるなんて便利で嬉しい限り♪この色と味を生かしてアレンジ料理を作ってみます。

ピンク尽くしのアレンジ料理4選

Photo by akiharahetta

そのまま食べられる業務スーパーのビーツだから、料理に使うのもとてもラクチン。このお手軽さが、はじめて使う野菜のハードルをグっと下げてくれますね。

1. ゆで汁で「ピンク卵」

Photo by akiharahetta

袋のなかに入っていた色鮮やかなゆで汁は捨てず、ピンク卵を作りましょう。ゆで汁にゆで卵を浸けるだけ!とってもきれいなピンク卵ができますよ。お好みで塩やスパイス、香味野菜などをプラスして。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS