ライター : Mari

オリーブオイルソムリエ / 北海道フードマイスター

オリーブオイルの専門家でありつつ食材全般大好きな自営業・一児の母。身近な素材や調味料を使ってシンプルに、添加物少なめ頑張り過ぎない〝笑顔が見られるおうちご飯〟がモットー。毎…もっとみる

Photo by mari.everydayolive

おいしさギュッと閉じ込める!手ほぐしの方法

Photo by MARI_kitchen

小さな頃、とうもろこしはお隣の畑からもらう物だと思って育った筆者。それぐらい身近な作物で、シーズンになると茹でたとうもろこしを食べた後に、残りは家族みんなでほぐして冷凍保存が当たり前でした。 たくさん作る時や、ポタージュなどには専用カッターを使うのも便利ですが、サラダや炒め物など食感をそのまま楽しむには手ほぐしが1番!想像以上に簡単で、ぽろぽろ解れる感覚は、楽しささえ感じますよ♪ 季節の手仕事…とまではいかないけれど、手ほぐしならではの食感に、なんとなく毎年この作業をやめられなくなるかも?お買い得なとうもろこしに出会ったら、ぜひ試してみてくださいね。

冷凍とうもろこしのレシピ

材料(小さめのジッパー付き袋1枚分)

・茹でとうもろこし……2本(レンジで加熱したものでも可) ・ジッパー付き袋……1枚

作り方

1. とうもろこしの身を縦に1〜2列取り除く

Photo by MARI_kitchen

とうもろこしは、冷めた状態でほぐし始めます。初めに縦に1〜2列の身を指先または小さいナイフで切り落とします。指先で1〜2分、ナイフを使えば数十秒の工程です。ここまでをまとめて作業しておくと、後の工程は家族を巻き込んでも楽しんでもらえるはず♪

2. 親指の腹を添えるようにして解す

Photo by MARI_kitchen

身に沿うように親指の腹を使ってほぐしていきます。大きめのとうもろこしでも、大人の手で2分あればあっという間に解れますよ。

3. できあがり

Photo by MARI_kitchen

残った芯は、とうもろこしご飯にすることを考えて1本程度ラップに包んで冷凍しておくのがおすすめです。

4. ジッパー付き袋に入れて冷凍する

Photo by MARI_kitchen

ほぐした身は、ジッパー付き袋に入れ冷凍します。使うときには、冷凍庫から出してすぐに調理し、1ヶ月程度で使い切るようにしましょう。

特集

FEATURE CONTENTS