連載

余った「コチュジャン」でパンレシピ&ごはんおかず【調味料活用 vol.18】

ビビンバやプルコギに使う「コチュジャン」。ピリっとした辛さと甘みが特徴の、朝鮮・韓国料理に欠かせない発酵食品です。一度にたくさんの量を使いづらく、冷蔵庫で眠ったままという人も多いのではないでしょうか。今日は簡単にできるトーストと、箸が止まらなくなる“レンジおかず”をご紹介します。

2019年5月22日 更新

大人がハマる「ピリッと納豆トースト」

海苔が乗った納豆トースト

Photo by macaroni

コチュジャンはトーストのアレンジにも使えます。辛いのが苦手な人や子どもには向きませんが、大人はどハマりしそうな納豆トースト。焼肉のタレと海苔を使って、韓国風に仕上げています。

編集部のスタッフも大絶賛の味、お試しあれ!

材料(1人分)

パンや納豆など、材料一覧

Photo by macaroni

・食パン……1枚
・納豆……1pc
・焼肉のタレ……小さじ1
・コチュジャン……小さじ1/2
・味付けきざみ海苔……適量

作り方(調理時間:約5分)

① 食パンをトースターで軽めに焼く。バターが好きな人は、焼いたあとに薄くバターを塗っておく。

② 納豆に焼肉のタレとコチュジャンを入れて混ぜ、軽めに焼いた食パンの上に乗せて広げる。

③ 再度トースターで1分ほど焼き、最後に海苔を乗せて完成。

焼いていない食パンに納豆を乗せて焼いてもOKですが、サクッと食感が増すので個人的には焼くのがおすすめです。焼肉のタレのおかげで食べ応えが出るので、気合いを入れたい日や忙しい日の朝ごはんにどうぞ!

見た目もそそる「ささみとにらのユッケ風」

ささみとニラの間に卵黄が乗っている

Photo by macaroni

ささみとにらをレンジでチンして調味料と和えるだけの簡単レシピ。コチュジャンの辛みとごま油の香りが食欲をそそります。

時間をかけずに作れて、しかもヘルシーなので、夜帰りが遅くなった日にもおすすめです。
1 / 2
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

macaroni編集部

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう