【管理栄養士監修】思わぬ落とし穴が!海苔の栄養素と食べ方のポイント

一般的に、海苔は豊富な栄養成分を含むイメージがありますが、そこには思わぬ落とし穴が!今回は、海苔の真実と、上手な取り入れ方について管理栄養士が解説します。これであなたも海苔をうまく活用できるようになりますよ!

2019年5月22日 更新

味付けのりにも栄養はある?

味付け海苔は、干し海苔に調味液を塗り、加熱乾燥したもの。焼き海苔との栄養成分にそれほど大きな違いがあるわけではありません。味を付けているためカロリーと塩分は高くなっているので、食べ過ぎには注意した方がいいですね!

海苔を使ったおすすめレシピ3選

1.海苔のチョイ辛佃煮♪柚子こしょう風味

作り置きしておけば、毎日の食卓で海苔を手軽に取り入れることができます。柚子胡椒のぴりっとした辛さが、ご飯のお供にピッタリのひと品。

2.韓国風焼きのり

簡単に作れる上に、何枚でも食べられちゃう!食事のひと品にも、お酒のつまみにもなる万能メニューです。野菜やチーズを巻いたりと、アレンジして食べるのもおすすめですよ。

3.ツルムラサキの海苔和え

和え物に海苔をプラスするのは、海苔をたくさん食べる方法としておすすめです!どんな野菜にも合うので、筆者もミネラル補給したいときには多用しています。ちぎって混ぜてしまえばいいので、作業面でも簡単ですよ。
3 / 4
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

IsFoodHealthLABO

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう