【管理栄養士監修】思わぬ落とし穴が!海苔の栄養素と食べ方のポイント

一般的に、海苔は豊富な栄養成分を含むイメージがありますが、そこには思わぬ落とし穴が!今回は、海苔の真実と、上手な取り入れ方について管理栄養士が解説します。これであなたも海苔をうまく活用できるようになりますよ!

2019年5月22日 更新

鉄分

海苔1枚(3g)に含まれる鉄分は、
焼き海苔:0.3mg
味付き海苔:0.2mg
岩のり:1.4mg

鉄は赤血球に多く存在して酸素を全身に運ぶ働きをしています。貧血を予防するのに大切な栄養素です。食品中に含まれる鉄分は、体内に吸収されやすいヘム鉄と吸収されにくい非ヘム鉄とに分けられます。海苔の鉄分は非へム鉄ですが、肉や魚、ビタミンCを一緒に摂ると吸収されやすくなります。(※出典4,7)

食物繊維

海苔1枚(3g)に含まれる食物繊維は、
焼き海苔:1.1g
味付き海苔:0.8g
岩のり:1.1g

食物繊維は体内には吸収されず、腸内環境を整える役割があります。便通を整えて便秘を防ぐうえで欠かせません。また、脂質・糖・ナトリウムなどを吸着して身体の外に出してくれるため、これらを摂りすぎることによって引き起こされる肥満や脂質異常症(高脂血症)・糖尿病・高血圧などの生活習慣病の予防・改善にも効果が期待できます。(※出典4,8)

EPA

海苔1枚(3g)に含まれるEPA(エイコサペンタエン酸)は、
焼き海苔:36mg
味付き海苔:33mg
岩のり:7mg

EPA(エイコサペンタエン酸)は脂質の仲間で、動脈硬化や血栓を防ぎ、血圧を下げるほか、LDLコレステロールを減らすなどの効果があります。冠動脈疾患や脳梗塞に対して予防効果を示す可能性が高いと言われ、18 歳以上の成人では、1日1g以上の EPA を摂取することが望まれています。(※出典9,10)

海苔の栄養素で注意すべきポイント

「鉄分がほうれん草の3倍!」など、海苔の栄養素がほかの食材に比べて豊富であることをうたったサイトを見かけることがあります。

よく読んでみると実は、海苔100gあたりの栄養成分と比較しているではありませんか!海苔は1枚3g。つまり30枚以上を食べなければ、その栄養量を摂ることはできません。

一度にたくさん食べられる食材ではないですが、手軽にビタミン、ミネラルを摂ることのできる海苔。積極的に取り入れるのがおすすめです!
2 / 4
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

IsFoodHealthLABO

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう