朝ごパン派に捧ぐ!甘いもしょっぱいも欲張りたい「はんぶんトースト」アイデア

近年の食パンブームで朝ごパンが楽しい!おいしいし、準備も楽でいいですよね。ただ、しょっぱい味と甘い味のどちらにするか、毎日悩んでしまう……。だってピザトーストもはちみつバターも両方捨てがたい!そこで今日は “半分ずつ” 食べるアイデアをご紹介。寝坊した日も大満足まちがいなしです。

2019年4月29日 更新

ライター : macaroni編集部

macaroni編集部のアカウントです。編集部が厳選するおすすめ商品・飲食店情報、トレンド予想や有識者へのインタビュー、暮らしに役立つ情報をご紹介します。

甘いのとしょっぱいの、両方食べたい

Photo by macaroni

朝ごパン派のみなさん。朝はどんなパンをどんな風に食べていますか? 食パンをはじめとするお食事パンは、何を塗るか、何を乗せるかを考えるのがとても楽しいですよね。小さい頃に家族が作ってくれた定番の味があったり、旬の食材を乗せたり、トーストのアレンジは十人十色です。 今回は、食パン、イングリッシュマフィン、バゲットの3種類のパンを使って、朝から満足まちがいなしの「甘い&しょっぱい」食べ方をご紹介。ぜひ好きな組み合わせや食べかたを見つけてみてください。

寝坊した日の「塗るだけはんぶんトースト」

お砂糖&ケチャップ

Photo by macaroni

甘党派にとっては定番の、砂糖を乗せる「お砂糖トースト」。今回は三温糖を使っていますが、家にあるものでOK。ぱらぱらとこぼれやすいので食べるときは注意が必要です。 一方しょっぱい味は、トーストに塗る調味料の定番「ケチャップ」。とろけるチーズを乗せるのはもちろん、時間がなくても粉チーズや黒こしょうを振りかけるだけでアクセントになります。

コンデンスミルク(練乳)&オーロラソース

Photo by macaroni

いちごにつけたり、ミルクせんべいにしたりと、使うシーンが限られがちなコンデンスミルク。パンに塗ると格別です。 もう半分は、ケチャップ・マヨネーズ・ソースを少しだけ入れたオーロラソース。濃い味なので、うすめにのばすのがおすすめです。ケチャップやマヨネーズどちらかだけより深みが出ますし、ここに目玉焼きを乗せると大満足まちがいなし。たまごとの相性ばつぐんです。

かんたん満足「混ぜて乗っけるマフィン」

ツナマヨ&はちみつバター

Photo by macaroni

ツナ缶をあけて油をきり、マヨネーズを大さじ1杯とこしょうを振れば完成。マフィンに塗ってから焼いてもいいですが、かりかりのパンが好きな人は、先にパンを焼いてから最後に乗せるのがおすすめです。 はちみつバターは、マフィンを焼いたあと、バターを乗せて再度すこしだけ温め、溶けかけているところにはちみつをたっぷりとかけて召し上がれ。

じゃこマヨ&シナモンバナナ

Photo by macaroni

ちりめんじゃことマヨネーズを混ぜ、乗せて焼くのもおすすめ。カリッとしたじゃこと、魚のダシとマヨのコクが相性ぴったり。一度作るとハマってしまうこと間違いなしです。 一方の甘い味は、朝食の定番食材のバナナをスライスして、シナモンパウダーをかけていただきます。シナモンパウダーは中途半端に余ってしまうことも多いので、少しずつ消費できるのもいいですね。

余裕がある日は「食べ応えしっかりバゲット」

クリームチーズマーマレード&スイートチリささみ

Photo by macaroni

アジア料理好きな人に試してほしい組み合わせ。 クリームチーズとマーマレードジャムの組み合わせは定番。甘苦いマーマレードがクリームチーズとよく合います。もちろん、ブルーベリーやストロベリーなど、他のジャムでも大丈夫。 もう一方は、鶏ささみにスイートチリソース、粉チーズ、黒こしょうを混ぜた「スイートチリささみ」。サンドイッチにもおつまみにもなる優れものです。鶏ささみは塩とお酒を少しかけて、500Wのレンジで2分ほど温めれば*、朝でもパパッと作れてしまいます。 *温め時間は、ささみの分量やご家庭のレンジによって異なります。適宜、様子を見ながら温め時間を追加してください。
Photos:8枚
3種類のパンと、バナナやバターやツナなどの具材
トーストの半分が砂糖、半分がケチャップ
トーストの半分が練乳、半分がオーロラソース
マフィンの片側がツナマヨ、片側がはちみつバター
マフィンの片側がじゃこマヨ、片側がバナナシナモン
バゲットの半分がチーズマーマレード、半分がスイートチリささみ
薄くスライスしたバゲットに、かぼちゃチーズと、アボカドサルサ
いろんなカラフルなパンの集合
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS