ふっくら仕上がる。プロ流「基本のハンバーグ」の作り方

大人も子どもも大好きなメニュー、ハンバーグ。今回は基本の作り方から、5種類のアレンジレシピまでご紹介します。チャレンジしたくなるレシピがきっと見つかりますよ。みなさんの好きな味付けも登場するかも♪

2019年4月18日 更新

基本のハンバーグの作り方

macaroniの料理家が作る「基本のハンバーグ」の作り方をご紹介します。

ハンバーグの材料

・合いびき肉……200g
・玉ねぎ……1/2個
サラダ油(玉ねぎ用)……小さじ1杯
☆パン粉……20g
☆牛乳……大さじ2杯
☆卵……1個
☆塩こしょう……少々
☆ナツメグ……少々
サラダ油(ハンバーグ用)……大さじ1杯

【ソース】
★ケチャップ……大さじ3杯
★ウスターソース……大さじ3杯
★バター……10g

手順

下ごしらえ:パン粉は牛乳に浸してふやかしておきます。

1. 玉ねぎはみじん切りにします。フライパンにサラダ油を引いて中火に熱し、玉ねぎを入れて炒めます。しんなりしたら火からおろして粗熱を取ります。

2. ボウルにひき肉、①、☆を加えて粘りが出るまでしっかり練り混ぜます。

3. ②の肉だねを2等分し、両手でキャッチボールをするように手のひらにたたきつけて空気を抜きます。小判型に整えて中央を少しくぼませます。

4. フライパンにサラダ油を引いて中火に熱し、③を並べ入れて2分ほど焼きます。焼き目が付いたら裏返し、フタをして弱火で6〜7分蒸し焼きにします。中央に竹串を刺して透明な肉汁が出てきたら焼き上がりです。取り出して器に盛ります。

5. ソースを作ります。軽く拭き取った④のフライパンに★の調味料を加えてひと煮立ちさせます。たっぷりとハンバーグにかけて召し上がれ!

コツ・ポイント

肉ダネは粘りが出るまでしっかり混ぜると、焼いたときに形が崩れず、ふっくらジューシに仕上がります。また、中央をくぼませてから焼くと、中まで火が通りやすくなりますよ。

大人気レシピ!ハンバーグのアレンジ5選

1. 和風ハンバーグ

大根おろしがたっぷりとのせられたハンバーグは、女性からの圧倒的な支持を受けているメニュー。木綿豆腐がタネに練り込まれているので、ふわふわの食感です。甘じょっぱい和風ダレをかけてめしあがれ。

2. デミグラスソースの洋風ハンバーグ

いちからデミグラスソースを作るのがむずかしい場合は、市販のものに調味料をちょい足ししてよりおいしくしちゃいましょう!たまねぎをしっかりと炒めるのがポイントです。ザ・王道の味わいで、どんな人からも愛されるメニュー。

3. 煮込みハンバーグ

煮込みハンバーグ

Photo by macaroni

デミグラスソースで煮込んだハンバーグもいいけれど、ちょっぴり気分を変えたいときにはトマトケチャップを使ってみましょう。トマトの甘みと酸味が上手にハンバーグを包み込んでくれます。

4. チーズインハンバーグ

チーズインハンバーグ

Photo by macaroni

そっとナイフを入れると、中からチーズがとろ~りと溢れだすチーズインハンバーグ。大人も子どもも大好きなメニューですよね。ライスにもパンにもよく合うので、どんなときでも食べたくなっちゃいます。

5. てりやきハンバーグ

ホーローに入った照り焼きハンバーグ

Photo by macaroni

しっかりと味が付いたてりやきハンバーグは、こってりとしたものを食べたいときに特におすすめ!てりやきソースの魔法で、普段お野菜を食べないお子さんも付け合わせをモリモリ食べてくれるかも。アツアツを楽しんでくださいね。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

motte

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう