3分で完成!未知の郷土料理「漬物ステーキ」にハマる人が続出中

「漬物ステーキ」って名前だけでもかなりのパワーワードですが、漬物を焼いちゃうって、新鮮な感覚ですよね。岐阜県飛騨地方で古くから親しまれてきた漬物ステーキは、地元の居酒屋では定番メニューなんだとか。気になる味と作り方をご紹介します♪

2019年3月25日 更新

漬物を焼いちゃうの!?

ステーキと聞くと、サーロインステーキやハンバーグステーキなどお肉をイメージしますが、なんといま白菜の漬物を使った「漬物ステーキ」なる料理が注目を集めているんです。

岐阜県の熱愛フードとしてテレビで取り上げられたのをきっかけに、身近な食材でできることからチャレンジする方が急増中。

「漬物を炒めるって一体どういうこと!? 」ということで、気になるその作り方と味をご紹介します♪

「漬物ステーキ」とは…

漬物ステーキ

Photo by muccinpurin

漬物ステーキが生まれたのは岐阜県飛騨地方。昔から漬物を焼いて食べる習慣があり、寒い冬でも保存できる漬物が、生の野菜が取れない冬場の貴重な栄養源だったと言います。

冷え込んで凍ってしまった漬物を溶かすために、囲炉裏で焼いて溶かして食べたのが漬物ステーキのはじまり。さらに漬かりすぎた漬物をおいしく食べようという側面もあり、先人の知恵が詰まった料理なんですね。

いまでは、地元の居酒屋の定番メニューとして愛されています。

「漬物ステーキ」の作り方

漬物ステーキの材料

Photo by muccinpurin

作り方は驚くほど簡単!冷蔵庫に漬物があるかチェックしてください!

材料(1人分)

・卵……1個
・白菜の浅漬け……100g
・ごま油……小さじ2杯
・しょうゆ……小さじ1杯
・みりん……小さじ1杯
お好みで
・七味唐辛子
・かつお節
・マヨネーズなど

作り方

1. ごま油で漬物を炒めます

フライパンで漬物を炒める

Photo by muccinpurin

フライパンにごま油を入れ、白菜の浅漬けを炒めます。

火力が弱いと白菜がしんなりしてしまうので、中火から強火でサッと焦げ目がつくくらいまで炒めましょう。

ところどころ焦げ目が付いたら、しょうゆとみりんを入れて全体に炒め合わせます。

2. 溶いた卵を流して焼きます

白菜をフライパンの中心に集める

Photo by muccinpurin

炒めた白菜をフライパンの中心に集めます。

ここまで来たら火力は中火に落としてください。
フライパンに卵を流す

Photo by muccinpurin

白菜のまわりに溶いた卵を流します。
炒めた漬物に卵を流して焼く

Photo by muccinpurin

卵を流したら、お好みの固さに焼けば完成です!

岐阜ではステーキをのせる鉄板で作るようですが、今回は直径約20cmのスキレットを使いました。あまり大きすぎると卵が薄くなるので、小ぶりのフライパンを使うといいかもしれません。

このままテーブルに出せば見た目も本格的ですし、なにより最後まで冷めずにおいしく食べられますよ♪

できあがりです!

漬物ステーキ完成

Photo by muccinpurin

調理開始から3分ほどであっという間に完成!仕上げにお好みでかつお節と七味唐辛子を振ってくださいね。

むずかしい工程も一切なく、これならサッと作れておつまみにもぴったりです♪

しょうゆが焦げた香ばしい香りが、食欲を刺激してもう待ちきれません!熱いうちにさっそくいただきます。

特集

SPECIAL CONTENTS