ヒューロム「スロージューサー」のおすすめは?人気の4種を比較

素材そのままの栄養がいただけるという、トレンドのスロージューサー。中でも人気の高いヒューロムのスロージューサーに注目します。これから始めようとする方も、買い替えの方も必見。上位人気モデル4機種を比較して解説します。

2019年3月26日 更新

スロージューサーならヒューロムが正解!

ヒューロム(HUROM)は、1974年に設立された韓国の調理機器メーカーです。特にスロージューサーにおいて高いシェアを誇っており、日本をはじめアメリカやドイツでも人気となっています。

低速搾汁方式で搾りだされるジュースは、栄養も損なわれることなく、とてもおいしいと評判です。人気の4機種を比較してみましょう。

1. 使いやすさを追求した「アドバンスド100」

商品の特徴

スロージューサーの入門機としてもおすすめの、使いやすさを追求したモデルです。カップやドラムなども洗いやすく、直感的に組み立てることができるのでとってもかんたんです。お手入れの手間を省きたいという方にもぴったり。

おすすめポイント

スクリューと2種類の樹脂製フィルターで搾汁する「分離搾汁方式」が採用されており、搾汁量やおいしさそのままに、お手入れがとってもかんたん。 ほかの機種のメッシュタイプのストレーナーでは、網目に食材が詰まり洗浄に時間がかかってしまいますが、樹脂製フィルターなら水で流すだけできれいになるんです。

2. 定番人気の「H-AA」

商品の特徴

ヒューロムの人気を牽引する定番モデルです。たっぷり450ccのジュースを絞り出せるので、家族で使いたいという方にもおすすめ。静音性も高く、家族が起きてくる前に準備したいという方にもぴったりです。
1 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

調理師/mau_naka

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう