連載

たまごソムリエ直伝。卵料理をもっとおいしくするコツ全集 vol.2

たまごソムリエが教える、究極の卵料理シリーズ。今回は、あらゆる料理の作り方の総集編、第二弾をお送りします。卵丼、だし巻き卵、かに玉……いつもの馴染みの味を「もっとおいしく作りたい」そんな人は必見ですよ。

2019年2月28日 更新

たまご料理を制する

たかがたまご、されどたまご。一見シンプルで扱いやすいように思いますが、上手に調理するのは意外に大変ですよね。

今回はお送りするのは、たまごソムリエの友加里が教える「究極の卵レシピ」総集編の第二弾!たまごを自由自在に操る、ソムリエ流のワザをまとめて大公開しましょう。

1. 前代未聞のレア食感「だし巻き卵」

レア食感のだし巻き卵

Photo by たまごソムリエ友加里

卵料理の中でも、圧倒的な人気を誇る「だし巻き卵」。いつものしっとりジューシータイプもいいですが、とろけるレア食感を体験してみませんか?

たまごは直接フライパンへ落とすべし

フライパンと卵

Photo by たまごソムリエ友加里

レア食感に仕上げるためには、中から半熟の黄身がとろりと流れ出てくることがポイント。全卵をだし汁で溶いたもの+生卵で、構成していきましょう。

卵を崩さずそのままフライパンに割り入れたら、半熟のまま白身で包みこみます。そのあとはいつも通り、卵とだし汁と合わせたもので作ればOKです。

ひとつのだし巻き卵で、さまざまな食感を味わえますよ。

詳しいレシピはこちら

1 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

たまごソムリエ友加里

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう