春の晩酌に♪ いちご酒の作り方&おすすめアレンジ3選

春に旬を迎えるいちご。そんないちごをお酒に漬けるだけでできる、ほんのり甘くておいしいいちご酒をご存知ですか?いちごのやさしい甘みと酸味を味わえるお酒で、見た目もほんのりいちご色のフォトジェニックな1杯。この記事を読めば、今年の春はいちごを使ったいちご酒を必ず漬けたくなるはず!

2019年3月22日 更新

ホワイトリカーで!基本のいちご酒レシピ

いちごをお酒につけるだけでOKのいちご酒。いちごの味わい、そしてほんのり赤いポップな色合いも楽しむことができる一杯です。

お店でプロに作ってもらうようなお酒に見えますが、なんとお家でも簡単に作ることができるんです!ここではホワイトリカーを使ったレシピをご紹介します。

材料(3L分)

・いちご...... 1kg
・氷砂糖...... 160g
・レモン...... 2個
・ホワイトリカー...... 1.8L
・ガラスの密閉容器...... 1本
・消毒用アルコール...... 適量

作り方

1. いちごのヘタをとる

2. いちごをきれいに洗い、水分を拭き取る

3. 保存容器とそのふたを煮沸消毒する

4. 煮沸消毒した保存容器とふたの水分を拭き取り、アルコールを吹き付ける

5. イチゴ→氷砂糖→イチゴ→氷砂糖となるように容器に入れる

6. そこへホワイトリカーと皮をむいたレモンを入れる

7. 約1ヶ月後、少し振り、全体をかく拌する

8. 約1カ月半、いちごとレモンを取り除く。(これ以上漬けておくとお酒が濁って色がきたなるため)

9. ざるにクッキングペーパーを敷いて漉し、いちごの種を取る

10. 完成!

漬け込み期間の目安

漬け込み後は1週間ほどから飲むことができますが、熟成には約2ヶ月ほどかかると言われています。

2ヶ月を目処に漬け込んだいちごを取り出し、飲み頃は半年後。じっくり寝かせた、いちごの芳醇な味わいを楽しみたいと思っている方は、ぜひ少し長めの2ヶ月から6ヶ月ほど寝かせてみてください♪

いちご酒の人気アレンジ3選

1. とろんとした飲み口♪ いちごの自家製ブランデー漬け

とろんとした飲み口がおいしい、いちごの自家製ブランデー漬け。いちご、ブランデー、お砂糖の3種類の材料から作る、お手軽なひと品です!ブランデー以外にもウイスキー、バーボンでもOK。炭酸水で割っても、ブランデーといちごの芳醇な風味をおいしく飲むことができますよ♪

2. おもてなしにも◎ バラといちごのブランデー

おもてなしやホームパーティーにもおすすめのバラといちごのブランデーのレシピ♪ シャンパングラスに注ぐと、スタイリッシュでとってもおしゃれ。ローズレッド、いちご、お酒を漬け込むだけでいいので、待っているだけで簡単にできあがります♪
1 / 2

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

きく

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう