炊飯器ともち米で。春を感じる「いちご桜もち」の作り方

寒さも徐々に緩み、まもなく訪れる桜の季節。ひな祭りまでもあと少し。和菓子屋に桜もちが並び始めると、心がウキウキするんですよね。いつもの桜もちにほんのひと工夫した「いちご桜もち」で、ひと足早く春の訪れを感じましょう♪

2019年2月26日 更新

2. 炊きあがったごはんを軽く潰します

炊きあがったピンク色のごはん

Photo by muccinpurin

炊きあがったら底に敷いたオーブンペーパーを取り除きます。蒸らし時間は不要です。

炊き立てのごはんは熱いので、手を水で濡らしてやけどに注意して取り除いてくださいね。
炊きあがったピンク色のごはんを混ぜる

Photo by muccinpurin

炊きあがったごはんを好みの加減まで潰します。

あらかじめ水分を多めにして炊いているので、かきまぜる程度で簡単につぶれますよ。

3. 材料を等分します

あん玉といちご 計量したもち

Photo by muccinpurin

こしあんともち米はともに15gに計量します。計ったあんは丸めておきます。いちごはヘタを取っておきます。洗うと傷みやすいので、そのまま使用します。あん玉といちごの大きさのバランスは写真の通りです。

乾燥しないように、作業中はふんわりとラップをかけておきましょう。

4. あんをもちで包んでいきます

ラップに包んでもちを伸ばす

Photo by muccinpurin

ラップを20cmほどにカットし、塩水を少量垂らして広げます。もちを一回分置き、ラップをたたむように被せて手のひらで丸く伸ばします。

中心がやや熱くなるように、約6~7cmになるまで広げてください。
伸ばしたもちの上にあん玉をのせる

Photo by muccinpurin

ラップをはがし、あん玉を中心に置きます。
あん玉をもちで包む

Photo by muccinpurin

あん玉をもちでくるむように、やさしくラップで包んでいきます。

あんが顔を出したままでもかまいません。
あんをもちで包み終わったところ

Photo by muccinpurin

包み終わった状態です。写真のように多少あんが見えていても、葉で隠れるので問題ありません。

カットすると少し高さが低くなるので、手に塩水をつけて多少背が高くなるように形を整えておきましょう。

5. いちごを包みます

桜もちに切り込みを入れる

Photo by muccinpurin

よく切れる包丁を水で濡らし、もちの中心に切れ目を入れます。

包丁をそのまま横に軽く寝かせるようにし、ぱかっと口を開いておきましょう。
桜もちにいちごをサンド

Photo by muccinpurin

カットした部分にいちごを一粒のせます。

塩水を付けた手でもちをいちごに添わせるように多少形を整えましょう。
2 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

muccinpurin

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう