洋風も合う!煮るだけ和えるだけ「寒ブリ」の簡単レシピ

ブリの旬は、12~2月頃。この時期に獲れるブリは「寒ブリ」と呼ばれ、1年のうちで最も身が締まっていて脂ものっています。ブリ大根や照り焼きなど和食のイメージが強いですが、洋風アレンジでもおいしく食べられるんです!今回は、旬のブリの食感を味わえる簡単洋風レシピを3品ご紹介します。

2019年2月12日 更新

ライター : dressing

dressing(ドレッシング)は、食に深い知識と経験を持つ“食の賢人”たちが、ただ“おいしい”の枠を超えた最高の食生活を提案。食のセンスが磨けるグルメメディアです。

この記事は、豊かなフードライフを演出するWEBメディア「dressing」の提供でお送りします。
ブリの旬は、12~2月頃。この時期に獲れるブリは「寒ブリ」と呼ばれ、1年のうちで最も身が締まっていて脂ものっている。 ブリは、脳の働きをよくするといわれるDHAや、血液をサラサラにするのを助ける働きが期待できるEPAの他、美肌づくりをサポートするとされるビタミンB群やビタミンEなど、女性に嬉しい栄養素が含まれる食材。 ブリ大根や照り焼きなど、和食のイメージが強いが、洋風アレンジでもおいしく食べられる。 今回は、旬のブリの食感をダイレクトに味わえるカルパッチョや、うまみたっぷりのアクアパッツァ、まろやかでコクのあるクリーム煮など、簡単に作れる洋風レシピを3品ご紹介。

ブリの臭みをとるには?

生でブリを使う時は臭みが気になるところだが、ある調味料を使えば簡単に臭みを取ることができる。 それはズバリ「醤油」。生のブリをスライスしてから、少量の醤油をかけてなじませておくと臭みが気にならなくなるのだ。 また、ブリを煮過ぎるとパサパサで固くなってしまうので、加熱時間は5分程度を目安としよう。

爽やかなソースが脂ののったブリと好相性「ブリのカルパッチョ」

旬のブリは、キュッと締まった身と脂のノリの良さが特徴。旬ならではのおいしさをダイレクトに味わえる洋風アレンジが、ブリの刺身を使ったカルパッチョだ。 ラディッシュを添えると華やかさがアップし、おもてなしにもぴったりの一品に。

材料(2人分)

・ラディッシュ … 3個 ・パセリ … 5g ・ブリの刺身(サク) … 150g ・醤油 … 小さじ1/2 ・[A]塩 … 小さじ1/5 ・[A]黒コショウ(粗挽き) … 小さじ1/2 ・[A]粒マスタード(なければマスタード) … 小さじ1/2 ・[A]レモン汁 … 大さじ1/2 ・エクストラバージンオリーブオイル … 大さじ2

作り方(調理時間:10分)

① ラディッシュは薄切りにする。パセリはみじん切りにする。ブリは3~4mmの薄切りにしてバットに重ならないように並べる。 ② ブリに醤油をまんべんなく回しかけ、指先で表面を軽く叩いたら、裏返してもう片面も同様に軽く叩き、ラップをして食べる直前まで冷蔵庫に入れておく。 ③ 器にAを入れてよく混ぜ、エクストラバージンオリーブオイルを加えて、トロッとするまでさらに混ぜる。 ④ ②の水気をキッチンペーパーで拭いて器に盛り、ラディッシュをのせ③を回しかけてパセリを散らす。

魚介とトマトのうまみが引き立つ「ブリのアクアパッツァ」

続いて紹介するのは、ブリの切り身で作る「ブリのアクアパッツァ」のレシピ。 アサリやトマトなどを白ワインで煮てうまみを引き出したアクアパッツァは、ブリとの相性も抜群。一見手間がかかるように見えるが、煮込むだけなので意外と簡単。身が固くならないように煮過ぎないのがポイントだ。

材料(2人分)

・ミニトマト … 6個 ・イタリアンパセリ … 10g ・ニンニク … 1かけ ・ブリの切り身 … 2切れ ・塩 … 少々 ・アサリ(※砂抜きしたもの) … 10個 ・黒オリーブ … 6個 ・水 … 100ml ・白ワイン … 30ml ・塩 … 適量 ・コショウ … 適量 ・エクストラバージンオリーブオイル … 大さじ1 ※アサリの砂抜き方法と、うまみをアップさせるテクニックはこちらをチェック!

特集

FEATURE CONTENTS