連載

冷蔵庫に眠ってない?「ダシダ」の意外な使い道を伝授 [ 調味料活用 vol.2 ]

たったひと匙で、韓国料理のあの味を再現してくれる魔法の調味料「ダシダ」。スープを作ろうと買ったはいいものの「ほかのレシピがわからず冷蔵庫に眠ったまま…」という方も少なくないようです。今回はスープ以外のダシダ活用法をご紹介します。

2019年4月4日 更新

できあがりです!

ダシダ卵

Photo by muccinpurin

ちょうど24時間置きました。

かなりいい色に漬かっています!
ダシダ卵

Photo by muccinpurin

さっそく切ってみると、しっかりと味が染みていそうな色♪

今回は少し固めにゆでましたが、半熟でも固ゆででもゆで方はお好みでどうぞ。
ダシダ卵

Photo by muccinpurin

見た目の通り、しっかりと味が染みています。これはごはんが進む味です!牛の濃厚な旨みが詰まったダシダは、しょうゆや砂糖だけでは出せない、奥深い牛の旨みをプラスしてくれます。シンプルな卵に牛の味が加わっただけで、満足感が格段に上がりました!

しかも、調味液の塩分が濃かったせいか、白身の部分がぷりん!と強い弾力を持ち、いい食感。

ダシダ卵自体もとてもおいしいですが、残った調味液も炒飯や野菜炒めにそのまま使えるような、完璧なバランスでした。

あの料理にも!ダシダのアレンジレシピ

ごはんが止まらない!『韓国風ダシダ肉じゃが』

ダシダをつかった肉じゃが

Photo by muccinpurin

いつもの肉じゃがにダシダをひと匙加えるだけで、こんなにも劇的に味が変化するとは!

ダシダのパンチのある旨みが野菜に染み込み、ごはんがすすむ系の肉じゃがに。煮汁ごとごはんにかけて召し上がれ♪

韓国つながりでキムチを添えれば、味の変化が楽しめますよ。

ダシダの旨みを存分に!「ダシダ炊き込みご飯」

ダシダを使った炊き込みご飯

Photo by muccinpurin

和風だしの素を使う感覚で、炊き込みご飯に入れると香りだけで食欲をそそる「ダシダ炊き込みご飯」に。

いつもと同じ具材でも、ダシダを使うと不思議と韓国風に。ごはん自体の味がしっかりとしているので、具なしのおにぎりにしても絶品ですよ。ダシダと海苔の風味がよく合うんです。

ますますダシダが好きになる…♪

ダシダのパッケージとダシダ卵

Photo by muccinpurin

「スープや炒め物以外にも、こんなに使い道があったのか……!」と改めてダシダの魅力を発見することができました。

日ごとよく使う和風だしやコンソメを使うイメージで、もっと気軽に料理に取り入れて行けそうです。

これからは、ダシダが冷蔵庫に眠っていることもなくなりそうですね!
2 / 3

特集

FEATURE CONTENTS