味付け一発!韓国の万能調味料「ダシダ」の人気レシピ20選

大型スーパーなどで売られており、じわじわと愛用者が増えつつある「ダシダ」。韓国生まれのだしの素といったようなものですが、これがまたあらゆる料理に使えるお利口さんなんです。まだ使ったことがない方のために、ダシダについてご説明させて頂きます。

2019年2月20日 更新

ライター : pomipomi

会社勤めをしつつ、空き時間を利用してmacaroniのライターをしています。料理・創作・ヒュッゲ・沖縄が大好きな、湘南在住のグルメ女子です。YouTubeでは、簡単・おいしい・美しいをテ…もっとみる

「ダシダ」って知ってる?

Photo by macaroni

みなさん「ダシダ」という言葉は聞いたことがありますか?なんのことやらさっぱり分からないという方のために、ダシダについてご説明したいと思います。 「다시다(ダシダ)」とは、日本のダシの素だと考えてよいです。和食には和風ダシ、中華料理には中華ダシ、洋食にはコンソメやブイヨンを使いますよね。同じように韓国料理に欠かせない調味料、それが「ダシダ」です。 「ダシダ」は、スープなどを作る際の「ダシ」としても使えますが、チャーハンや炒め物などの味付けとしても使えます。ダシダがあるだけでお料理の幅が広がりますので、家庭に常備しておきたい万能調味料のひとつです。

そもそも「ダシダ」とは?

1975年、韓国の食品メーカーが「オモニ(お母さん)の味」として、牛肉ダシダの販売を開始しました。じっくりと煮込んだ牛骨のエキスに、玉ねぎやにんにくなどを配合し作られる、粉末状の調味料です。牛肉の旨みやコクを表現できる万能調味料として、ダシダは韓国中に広まり、今では韓国の家庭の8割が使用している基本調味料となりました。

牛肉以外にも「ダシダ」がある!

日本で「ダシダ」といえば一般的に「牛肉ダシダ」のことを言いますが、他にも「いりこだしのダシダ」、「あさりのダシダ」もあります。どちらもスープや麺類などを作る際に用いるようです。日本のスーパーではまだあまり見かけませんが、もし見つけたらぜひ購入してみてください。

名前の意味は?

ちなみに「ダシダ」とは「ツバを飲み込むほどおいしい」という意味だそうで、韓国の俗語を名称に使ったことからも話題となった商品です。日本でもじわじわと愛用者が増え続け、チャーハンや炒め物、鍋料理など、あらゆる料理との相性が良いと評判になっています。

本場韓国の味を再現!ダシダの活用レシピ10選

それでは実際にダシダを使用して、本場韓国の料理を作ってみましょう。簡単に作れるレシピをいくつかご紹介しますので、ダシダを買ったものの使い方が分からないという方は、ぜひご参考にされてみてください。

1.チヂミ

ダシダを使ってモチモチのチヂミを作ってみましょう。生地の味付けは、ダシダだけでOKです。レシピではイカやニラを使用していますが、いろんな食材をためしてもいいですね。してもいいですね。タレをつけなくても十分味がしますが、お好みで酢醤油やコチュジャンをつけてください。

特集

FEATURE CONTENTS