サバは刺身で食べられる?注意点や気をつけるポイント

サバのお刺身やしめサバが好きという方は多いですよね。そこで今回は、スーパーなどで売られている生サバはお刺身にできるのか、自分でさばくにはどうしたらいいのか、などの疑問にお答えしていきます。しめサバの作り方やそのアレンジレシピもありますよ!

2019年1月31日 更新

3. しめサバのさっぱり梅昆布和え

しめサバは昆布を加えると、いっそう旨味がアップします。しめサバを作るときに昆布で巻くレシピもありますが、こちらはカットしてからとろろ昆布を加えるだけなのでラクチン。シャキシャキの千切り長芋を加え、さわやかな梅ダレをかけていただきます。

サバのお刺身を楽しんで!

生サバは劣化が早いので、できるだけ鮮度のよいものを選び早めに下処理をして冷蔵することが大切です。特にお刺身にするなら、背の青色と黒いしま模様、エラの赤色が鮮やかなものを選びましょう。 まるまると太っていて弾力があり、腹と背の間に金色の筋があればなお新鮮な証拠。新鮮なサバを見つけたら、ぜひお刺身を試してみて!お店の人に頼めるようなら、三枚おろしまでやってもらえばかんたんにお刺身にできますよ。
▼サバの保存方法はこちら

特集

FEATURE CONTENTS