今や定番ストック缶詰。さば缶のアレンジレシピ厳選5品

編集部公認のクリエーターチーム「macaroniレシピ部」が考案したなかから、さば缶を使ったレシピをご紹介します。お手ごろなお値段で手に入るさば缶。忙しい人や主婦の強い味方です。メインにもおつまみにもなるさば缶のアレンジレシピをさっそく見ていきましょう。

2019年2月8日 更新

さば缶1缶使い切りレシピ5選

1. ほっこり温まる。ほうれん草とさば缶の白みそ仕立て

だし汁にさば缶とほうれん草を入れて3〜5分加熱し、白みそを加えたお味噌汁レシピ。スライスしたしょうがを入れるので風味が増します。

さばはほぐさずにごろっと入れたほうが食べ応えも見た目もよくできます。さばの旨みがたっぷり出たお味噌汁は、寒い日など体に染みわたります。

ボリューム満点。パプリカとサバの味噌トースト

フライパンでパプリカに焼き色をつけ、さばの味噌煮缶を煮汁ごと入れて炒めます。トーストしたパンにたっぷりのせ、トッピングで大葉の千切りを乗せれば完成。

サクサクのトーストに乗った甘辛いさば缶とみずみずしいパプリカの相性は抜群。大葉が風味のアクセントになり、あっという間に食べられるおいしさです。

ひと口でぱくっと。さば缶リングハンバーグ

輪切りの玉ねぎにさば缶の肉だねを詰めたハンバーグ。肉だねは、さば水煮缶をベースにピザ用チーズやマヨネーズで味つけされています。トースターで焼くので洗い物が少なく作れて嬉しいですね。

今回は紫玉ねぎで作っていますが、ふつうの玉ねぎでもおいしくできます。そのまま食べてよし、オーロラソースやチリソースをかけてもよしのひと品です。

2. 冷蔵庫に常備したい。さば缶ソフトふりかけ

フライパンにさばの水煮缶を入れてほぐしながら炒めます。ある程度ほぐれたら長ねぎと酒や醤油などの調味料を加え、煮汁が飛ぶまで煮詰めて完成です。

柚子こしょうの香りを爽やかに感じるソフトふりかけ。そのままごはんに乗せたり、混ぜ込んでおにぎりにしたりするのもおすすめです。

3. カルシウムたっぷり。簡単さば缶そぼろ

さば水煮缶を細かくほぐし、フライパンで酒と炒めて水分を飛ばします。同じように各調味料を入れるたび、水分を蒸発させるとパラパラに仕上がります。

お好みでわさび、刻みのり、紅生姜などをトッピングしながら食べてもおいしくいただけます。

アレンジ自在なさば缶詰でレパートリーを増やす

近年、大人気のさば缶。今や、ストックしておきたい定番の缶詰の上位に入っているのではないでしょうか。お家に水煮と味噌煮を1個ずつ常備しておけば、あと1品というときに活躍してくれるはずです。

今回ご紹介のレシピたち、忙しい日などぜひつくってみてくださいね。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

macaroniレシピ部

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう