材料は4つ!旬のレモンで自家製「レモンポン酢」の作り方&アレンジ

寒い冬に食べたい鍋料理。そこで欠かせないのがポン酢ですよね。ポン酢といえば「柚子」が定番ですが、今回ご紹介するのは冬に旬を迎えるレモンを使う「レモンポン酢」。4つの材料で簡単に手作りできるので、初めての調味料作りにもおすすめですよ。

この記事は、豊かなフードライフを演出するWEBメディア「dressing」の提供でお送りします。
寒い季節、鍋料理に大活躍するポン酢。ポン酢というと、柚子が使われることが多いが、今回紹介するのは、冬が旬のレモンで作る「レモンポン酢」。手作りならではのフレッシュな味わいは、鍋はもちろん様々な料理のアクセントになるので、とても重宝する。
今回は、レモンポン酢の基本の作り方に加え、アレンジレシピも紹介する。旬食材と掛け合わせて、冬の味覚を楽しもう。

基本の「レモンポン酢」の作り方

使用する材料は、レモン、醤油、昆布、カツオ節の4種類。たったこれだけで、鍋料理のおいしさを引き立てるレモンポン酢を作ることができる。

レモンは、果汁と皮の両方を活用。果汁で酸味を、皮で香りを加えることで、爽やかな味わいと香りに仕上がるのだ。
なお、レモンは大きさによって果汁の量に差があるため、果汁が分量に達しない場合は、酢を足して120mlになるように調整してほしい。

また、皮ごと使用するので、レモンを購入するときは、ワックス・防腐剤・防カビ剤不使用の国産レモンを選ぼう。

材料 (作りやすい分量)

・レモン … 4個(果汁120ml) うち、1/2個分の皮を使用
・醤油 … 150ml
・昆布 … 10g
・カツオ節 … 5g
※レモンの果汁が足りない場合は、合計120mlになるように酢を足す。

作り方(調理時間:10分 ※1日置く時間は除く)

① 4個のレモンから1個を選び、1/2の皮をむく。
② レモンをそれぞれ半分に切り、果汁を120ml分搾る。
※果汁が足りない場合は、合計120mlになるように酢を足す。
③ 煮沸消毒した保存瓶に②と醤油を入れる。
④ 昆布、カツオ節、①のレモンの皮を加える。冷蔵庫に1日置いたら完成。

保存期間

冷蔵庫に入れて1カ月を目安に使い切るようにする。

焼いて漬けるだけ!「鶏肉と焼きネギのポン酢漬け」

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

dressing

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう