余ったお餅で作る!新感覚「TKMY」のおいしさにリピ確実

正月が過ぎると余ってしまいがちなお餅。さまざまなアレンジレシピがありますが、今回ご紹介するのは「ダイス餅」にして食べる方法。餅1個を8等分に切ってから使用するだけで、さまざまな料理に使いやすくなるのです。ダイス状にしたお餅のアレンジは自由自在。さっそく、レシピをご紹介します。

最後は、ソースの甘みとキムチの辛みがマッチした、おつまみにもぴったりなお好み焼き。

ダイス餅を焼くときは、ゴマ油を引いて焼くと芳ばしい香りが広がり食欲をそそる。お好み焼きを作る感覚で、トッピングをお好みのものに変えてもおいしく作れる。

材料(1人分)

・切り餅 … 2個
・ゴマ油 … 適量
・お好み焼きソース … 大さじ1と1/2
・ツナ缶 … 1/2缶
・キムチ … 30g
・マヨネーズ … 適量
・カツオ節 … 適量
・青のり … 適量

作り方(調理時間:15分)

① 切り餅をダイス状に切る(ひと切れあたり8等分)。

② フライパンにゴマ油を引いて中火で熱し、蓋をして5分ほど焼く。こんがりと焼けて餅同士がくっついたら裏返し、蓋をせずにもう片面もこんがりと焼き目がつくまで焼く。

③ 器に盛ってお好み焼きソースを塗り、ツナ、キムチをのせたら、マヨネーズ、カツオ節、青のりをトッピングする。


■ダイスにカットした餅の保存方法は?
保存袋に入れて冷凍保存できる。2~3週間を目安に使い切る。

余ってしまいがちなお餅を使ったダイス餅のアレンジレシピを紹介した。カットすることでコロコロとかわいらしい見た目になるうえ、食べやすいのでさまざまなアレンジに活用できる。ホームパーティなどにも使えるので、ぜひ試してみて。

▼「切り餅」関連人気記事・レシピ
【レシピ制作者プロフィール】
管理栄養士・料理研究家 五十嵐ゆかり

「ラク早ごはん」をモットーに、共働きで忙しい家庭でも作れる、簡単時短・ヘルシーでおいしい作り置きレシピを中心に提案している。
食の企画、レシピ・商品開発、執筆、動画制作、テレビ出演、イベント出演、インフォマーシャル出演、講演、料理教室、食品企業のレシピサイト制作やホームページ制作のディレクションなど、多方面で活動中。
著書に『食材の栄養素を最大限に引き出す便利帖』や『発酵いらずのちぎりパン』、『塩レモンでつくる基本のおかず』など。

Twitter:https://twitter.com/igarashi_yukari
運営レシピサイト ラクつく:https://glutenfree-life.com/
Blog:http://lineblog.me/igarashiyukari/

【調理・撮影】
フードクリエイティブファクトリー
「あなたとあなたの大切な人との暮らしをもっと穏やかで創造的に」を企業理念とする食のクリエイティブに特化した企画制作チーム。
食の企画、レシピ・商品開発、執筆、メディア出演、
イベントなどを手がけています。
HP:http://foodcreativefactory.com/
Twitter:https://twitter.com/fcf_staff?lang=ja
Instagram:https://www.instagram.com/foodcreativefactory/
提供元:

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

dressing

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう