6. 完成~盛り付け

Photo by suncatch

完成すれば、すぐにお皿に移して盛り付けましょう。お好みで粗挽き黑胡椒やケチャップをかけてどうぞ♪

ふわとろのスクランブルエッグを作るコツ

生卵は、菜箸で泡立てずに白身を切るようしっかり混ぜましょう。なめらかで見た目もきれいな色に仕上がりますよ。 バターは焦げやすいので、溶け切ってしまう前に卵を流し入れます。テフロンなど表面加工されたフライパンを使うのがおすすめです。 弱火と余熱で火を通し、できあがったタイミングですぐにお皿に移しましょう。フライパンに置いておくと、予熱でスクランブルエッグが固くなってしまうので気をつけてくださいね。

スクランブルエッグのアレンジレシピ5選

1. マヨネーズで♪ とろとろスクランブルエッグ

材料にマヨネーズを加えたスプラングルエッグは、冷めてもやわらかクリーミーな味わいです。予熱で火を通すとき泡だて器で混ぜることで、きめ細かに仕上がりますよ。トロトロの食感は、ホテルの朝食みたい♪

2. 豆腐でふんわりスクランブルエッグ

潰した木綿豆腐を混ぜ込んだ、ふんわりとしたスクランブルエッグです。ひとりにつき卵1個でもボリュームたっぷり。シンプルな塩味と刻みネギの風味は、和朝食のおかずにも最適です。お好みで醤油をかけてどうぞ。

3. 牛乳とチーズで♪ とろふわスクランブルエッグ

牛乳とチーズが溶け込んだスクランブルエッグです。ミルキーで濃厚な味わいと、ふわとろ食感がたまならにおいしさ。溶けたチーズが卵のつなぎ役になるのできれいにまとまり、見た目も抜群です♪

4. エリンギとほうれん草のスクランブルエッグ

野菜も一緒にとれるスクランブルエッグは、ヘルシー朝食にぴったり。エリンギとほうれん草を炒め、溶き卵を加えてからは混ぜすぎないのがポイントです。添えたサラダを残しがちな人には、こちらのレシピがおすすめですよ♪

特集

FEATURE CONTENTS