⒑ 行列のたえない艶々ごはん

お米は日本人のソウルフードです。もちろんそれは京都でも同じ!もっちりして艶々に輝く炊きたてごはんって本当においしいですよね。多くのメディアにも取り上げられ今、京都で話題のお米をご紹介します。

京の米料亭 八代目儀兵衛

京都の米老舗が創りだした、日本で唯一の銀シャリを食べることができると話題のお店です。八坂神社の斜め前にあり、いつも行列ができているのでとてもわかりやすいですよ。 土鍋で炊きあげた10分以内のごはんしか提供しないというこだわり!おかわりももちろんできます。1杯目は、光輝く炊きたてのもっちりごはん、二杯目はカリカリのおこげに塩をかけて食べるんですが、香ばしさとカリカリ感が最高においしいです。 実は筆者もこちらへお邪魔したことがあるんですが、食べるならカウンターをおすすめします。料理長と気さくにお話でき、細やかな心くばりに感動します。ライブ感もあるカウンターは狙い目です!

店舗情報

11. 京の味覚を代表する「ぼたん鍋」

京都ならではのボタン鍋はいかがですか?寒い日は食べたくなる名物料理。煮込めば煮込むほどおいしくなります。 貴船は古くからイノシシの狩場として有名です。ボタン鍋は古くから京都に人たちのあいだで愛され続ける料理でもあります。

畑かく

おすすめのお店は、元祖ぼたん鍋のお店としても有名な老舗「畑かく」です。京の風情ある佇まい、ぼたん鍋だけでなく四季折々のお料理を楽しむことができます。 畑かくのぼたん鍋は、イノシシ肉の臭みもなくジビエが苦手な方にもおすすめです。猟が解禁になる11月15日から3月20日頃までいただくことができます。

店舗情報

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS