ライター : いとう まさと

フードライター / 食文化ライター

日本のもの・文化・食のおもしろさや良いところを伝えるべく、食分野や教育分野の記事を執筆中。日々、おもしろいもの、素晴らしいものを探しつつ、みなさまのお役に立てる情報をお届け…もっとみる

北海道の食文化と郷土料理

北海道はアイヌの食文化と日本各地の食文化が混ざり合った土地です。「うに・いくら丼」「松前漬け」など新鮮な魚介類を使った料理は、北海道グルメの代名詞! 酪農王国でもあるので、「じゃがバター」など野菜料理も滋味たっぷり。それらを使った鍋物やジンギスカンも、北海道ならではの味覚です。

新鮮な海の幸を使った北海道の郷土料理5選

1. うに・いくら丼

北海道グルメの代表格といえば新鮮な海の幸を使った料理。そのなかでも丼料理は、海の恵みの豊かさを直に体感できるグルメです。とくに新鮮であればあるほどおいしいウニとイクラを使った丼は、北海道に行ったらぜひ食べたい郷土料理!

2. イカめし

駅弁としても有名なイカめしは、北海道渡島地方の郷土料理。イカの身にお米を詰め、醤油ベースの出汁で煮た料理です。うるち米ともち米を混ぜたものを使うのが一般的で、お米のもちもち食感が楽しい!おつまみやおやつにもぴったりですね。

3. ルイベ

「ルイベ」は凍ったままで楽しむお刺身料理。とくに鮭のルイベは北海道の郷土料理として広く知られています。わさび醤油などにつけて食すのが一般的。シャリシャリとした食感と、口のなかでとろけるような味わいを楽しめます。

4. ちゃんちゃん焼き

鮭とたっぷりの野菜を炒め、味噌で味付けするちゃんちゃん焼きは、漁師町発祥の郷土料理。具だくさんで栄養たっぷりなので、ご家庭で作るのもぴったりな料理です。「石狩鍋」「ジンギスカン」と並び、北海道の三大郷土料理といわれています。

5. 松前漬け

干物のスルメと数の子、昆布、ニンジンなどを甘辛く漬け込んだ松前漬け。名前のとおり、北海道の南部にあった松前藩が発祥の料理です。昆布のねばりと数の子やスルメの異なる食感、甘辛味がごはんのお供にぴったり!
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS