浅草の名酒「電気ブラン」とは?味から飲み方まで総ガイド!

浅草で有名なお酒「電気ブラン(デンキブラン)」。隠れた名物として知られていますが、その名前からはどんなお酒なのか想像がつきませんよね。今回は、そんな電気ブランについて詳しくご紹介!味わいから飲み方まで、余すことなく追求していきましょう。

浅草を代表するカクテル「電気ブラン」

浅草を代表するカクテルと言われている「電気ブラン」。名前からはどんな味なのか想像がつかない電気ブランは、どこに行けば飲めるのでしょうか?どんな飲み方をするのでしょうか?

なにやら謎めいたカクテル「電気ブラン」について、今回は迫っていきたいと思います。

どんな味?「電気ブラン(デンキブラン)」とは

電気ブランは、ブランデーをベースにしたカクテル。「電気」という文字が入っているのは、電気の存在が珍しいと言われていた時代に誕生したからです。

時代に沿ってさまざまな言葉が流行しますが、この頃に流行していたのが電気という言葉。ここにブランデーの「ブラン」を組み合わせたことが、ネーミングのきっかけでした。

ブランデーだけではなく、ほかの材料も加えることからストレートにブランデーという名称を使わず、電気ブランという名称でひとつの商標になっています。

浅草「神谷バー」が発祥

電気ブランとは、なんとも興味をそそるネーミングですが、この名称は神谷バーの創業者である神谷氏が命名したんです。名前の由来は上記の通りですが、電気という言葉そのものがとても新鮮で、ネーミングに使用されたという説があります。

【店舗情報】
■店舗名:神谷バー
■最寄駅:浅草駅
■住所:東京都台東区浅草1-1-1 1F・2F・3F
■電話番号:03-3841-5400
■営業時間:11:30~22:00
■定休日:火曜日
■禁煙・喫煙:分煙
■参考URL:https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131102/13003664/
■公式HP:http://www.kamiya-bar.com/

レシピは極秘!その味わいは?

電気ブランは、ブランデー、ジン、ワインキュラソー、薬草が、秘伝の分量にてブレンドされており、発祥となる「神谷バー」には「デンキブラン」(270円)と「電気ブラン オールド」(370円)の2種類がメニューに載っています。

オーソドックスな「デンキブラン」は、とても甘さが際立つカクテル。一方オールドは、度数が非常に高くアルコールがきついので、初めて飲む方は注意しましょう。

小説にも登場している!

なんと、太宰治の「人間失格」や、三浦哲郎著「忍ぶ川」、萩原朔太郎の詩に、電気ブランや神谷バーの記載があります。このほかの作品にも登場することがあり、多くの方に愛されているカクテルということが分かりますね。

電気ブランの飲み方

ビールをチェイサーにストレートで

もともと「神谷バー」の常連客の方が飲んでいた方法が、今ではメジャーになっています。電気ブランは非常に甘いため、口直しにビールを飲む方法です。どちらもアルコールですので、食事やおつまみを一緒に注文し、食べながら飲むことがおすすめ。

お酒のチェイサーにミネラルウォーターはよく聞くことですが、ビールをチェイサーにするとは驚きの飲み方ですね。

ロックにすると飲みやすくなる

電気ブランを氷で割って、ロックで飲む方法もあります。こちらは氷が少しずつ溶け出しますので、ストレートで飲むよりも初めての方には飲みやすいようです。とはいえ、やはりアルコール度数は高いので、おつまみやお食事が一緒にあると安心ですね。

ハイボールやジンジャー入りもおすすめ

電気ブランをソーダで割った「電気ブランハイボール」や、電気ブランをジンジャーエールで割った「電気ブランジンジャー」も人気ですよ。電気ブランの飲みやすい方法を見つけるために、ソーダやジンジャーエールを合わせてみるのはいかがでしょう。ストレートやロックで飲むのが苦手な方には、こちらの方法がおすすめですよ。

特集

SPECIAL CONTENTS