ローディング中

Loading...

浅草で有名なお酒「電気ブラン(デンキブラン)」。隠れた名物として知られていますが、その名前からはどんなお酒なのか想像がつきませんよね。今回は、そんな電気ブランについて詳しくご紹介!味わいから飲み方まで、余すことなく追求していきましょう。

浅草を代表するカクテル「電気ブラン」

浅草を代表するカクテルと言われている「電気ブラン」。名前からはどんな味なのか想像がつかない電気ブランは、どこに行けば飲めるのでしょうか?どんな飲み方をするのでしょうか?

なにやら謎めいたカクテル「電気ブラン」について、今回は迫っていきたいと思います。

どんな味?「電気ブラン(デンキブラン)」とは

電気ブランは、ブランデーをベースにしたカクテル。「電気」という文字が入っているのは、電気の存在が珍しいと言われていた時代に誕生したからです。

時代に沿ってさまざまな言葉が流行しますが、この頃に流行していたのが電気という言葉。ここにブランデーの「ブラン」を組み合わせたことが、ネーミングのきっかけでした。

ブランデーだけではなく、ほかの材料も加えることからストレートにブランデーという名称を使わず、電気ブランという名称でひとつの商標になっています。

浅草「神谷バー」が発祥

電気ブランは浅草「神谷バー」の創業者である、神谷伝兵衛氏が作ったカクテルです。名前の由来は上記の通りですが、電気という言葉そのものがとても新鮮で、ネーミングに使用されたという説があります。

【店舗情報】
■店舗名:神谷バー
■最寄駅:浅草駅
■住所:東京都台東区浅草1-1-1 1F・2F・3F
■電話番号:03-3841-5400
■営業時間:11:30~22:00
■定休日:火曜日
■禁煙・喫煙:分煙
■参考URL:https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131102/13003664/
■公式HP:http://www.kamiya-bar.com/

レシピは極秘!その味わいは?

電気ブランは、ブランデー、ジン、ワインキュラソー、薬草が、秘伝の分量にてブレンドされており、発祥となる「神谷バー」には「デンキブラン」(270円)と「電気ブラン オールド」(370円)の2種類がメニューに載っています。

オーソドックスな「デンキブラン」は、とても甘さが際立つカクテル。一方オールドは、度数が非常に高くアルコールがきついので、初めて飲む方は注意しましょう。

小説にも登場している!

なんと、太宰治の「人間失格」や、三浦哲郎著「忍ぶ川」、萩原朔太郎の詩に、電気ブランや神谷バーの記載があります。このほかの作品にも登場することがあり、多くの方に愛されているカクテルということが分かりますね。

電気ブランの飲み方

ビールをチェイサーにストレートで

もともと「神谷バー」の常連客の方が飲んでいた方法が、今ではメジャーになっています。電気ブランは非常に甘いため、口直しにビールを飲む方法です。どちらもアルコールですので、食事やおつまみを一緒に注文し、食べながら飲むことがおすすめ。

お酒のチェイサーにミネラルウォーターはよく聞くことですが、ビールをチェイサーにするとは驚きの飲み方ですね。

ロックにすると飲みやすくなる

電気ブランを氷で割って、ロックで飲む方法もあります。こちらは氷が少しずつ溶け出しますので、ストレートで飲むよりも初めての方には飲みやすいようです。とはいえ、やはりアルコール度数は高いので、おつまみやお食事が一緒にあると安心ですね。

ハイボールやジンジャー入りもおすすめ

電気ブランをソーダで割った「電気ブランハイボール」や、電気ブランをジンジャーエールで割った「電気ブランジンジャー」も人気ですよ。電気ブランの飲みやすい方法を見つけるために、ソーダやジンジャーエールを合わせてみるのはいかがでしょう。ストレートやロックで飲むのが苦手な方には、こちらの方法がおすすめですよ。

関連タグ

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

【朗報】レストランで頼めば2万円近くする高級ワインが、サイゼではなんと驚異の7000円!?知る人ぞ知るサイゼのワイン通!

実はサイゼリヤは、ワイン好きにはたまらない美味しいワインをリーズナブルに食することができるお店。 店舗によっては常時50種ものワインを揃え、他のレストランの通常価格の半額以上低価格で提供しているとのこと。その…

採れたてフルーツの新鮮な味!「アラン・ミリア」のジュース&ネクターが大好評☆

「ジュースやネクターを通して、採れたてフルーツを味わう悦びを再発見してほしい」。フランス・リヨン郊外で果樹園を営む家に生まれ育ったアラン・ミリア氏がつくるジュース&ネクターに、フランスが誇る美食のひとつとして…

1瓶5,000円!濃密な時を味わえる幻のラグジュアリーヨーグルト「クレマドール」

北海道ノースプレインファームの「オホーツクおこっぺ牛乳」と、厳選された蜂蜜・お砂糖の3つの材料だけで作るヨーグルト。それがクレマドールジャパンの「クレマドール」です。1日たった30~50個の限定販売!そして1…

世界で2番目に消費されている蒸留酒! ブラジル原産「カシャッサ」がじわじわキテる!!

サトウキビを原料として作られる、ブラジル原産の蒸留酒「カシャッサ」。日本人にはあまりなじみのないお酒ですよね。ブラジルW杯が間近に迫った今、ブラジルで絶大な人気を誇るこのお酒が、徐々に日本でも注目を浴びてきて…

もはやワインなの!? ハチミツの香り&“極”がつく超甘口「貴腐ワイン」の魅力とは?

独特な酸味や渋みが苦手な人も多いワイン。一方、値段と品質が単純に比例しない奥深さをもつなど、その世界にハマる人も多いですよね。実は、甘口・辛口などで区分されるワインの味わいの概念を覆すようなワインが存在するん…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

貧血対策に!鉄分を多く含む食べ物とおすすめレシピ

多くの女性の悩み「貧血」に効果的とされる鉄分を多く含む食べ物やレシピをご紹介します。料理をするのがめんどうという方向けにコンビニで購入できる商品もご紹介するので、最近クラっとすることが多いという方は参考にして…

花見やハイキングの強い味方!使い捨てだけどかわいい食器『3』選

花見やハイキングにお弁当や料理を持ちよるときは、使い捨ての食器があると助かります。とはいえ味気ない食器を使うとせっかくの行楽気分も少し残念な気分に。そこで、是非持っていきたい、使い捨てだけどデザインがかわいい…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

焼肉は手巻きの時代!? 赤坂「金の牛」で最先端グルメを喰らおう♩

神戸で話題となっている手巻き焼き肉専門店の「金の牛」が、ついに東京・赤坂に上陸しました!野菜不足の人もお肉と一緒に食べればお箸もすすむはず♩チーズやカレーなど、ユニークなトッピングもあり新感覚料理をぜひお楽し…

幻のフロマージュが遂に!パリ発「ベイユヴェール」が麻布十番に初上陸♩

フランス各地で大人気のフロマジェリー「ベイユヴェール(beillevaire)」が、ついに日本の麻布十番に初上陸!半生食感の幻の「フロマージュ」が日本で食べられるなんてスイーツ好きには朗報ですよね!人気の商品…

プチプラで上質感♩ナチュラルキッチンのぬくもり系ハロウィングッズ5選!

今回は2017年ナチュラルキッチンの注目「ハロウィングッズ」をまとめてご紹介!100円とは思えないクオリティのオーナメントやプレートなど、ファン歓喜の品々が揃っているようですよ♩実例も合わせてご紹介しますので…

ページTOPに戻る