ライター : macaroni 編集部

macaroni編集部のアカウントです。編集部が厳選するおすすめ商品・飲食店情報、トレンド予想や有識者へのインタビュー、暮らしに役立つ情報をご紹介します。

東京・浅草を代表するグルメ「もんじゃ焼き」とは?

東京を代表するグルメ・もんじゃ焼き、その発祥はなんと江戸時代。小麦粉を水で溶き、鉄板の上に文字や絵を描いて焼く「文字(もんじ)焼き」に端を発します。浅草と月島を中心に広がっていき、今や月島もんじゃストリートが生まれるにまでになりました。

生地に使う水分量が多く、さまざまな具材・調味料やソースなどを混ぜて焼くのが特徴。鉄板の上で好みの具合まで焼き、小さなコテ(ヘラ)に焼き付けて食べるのが一般的なスタイルです。

1. 数々のメディアに登場「江戸もんじゃひょうたん」

Photo by @kazutakahi

浅草駅から徒歩5分、どこか懐かしい雰囲気が漂う「江戸もんじゃひょうたん」。数々のメディアで紹介された、浅草を代表するもんじゃ屋さんです。広い店内には座敷テーブル席がゆったりと配され、ちょっとした食事から宴会まで幅広いシーンで使えます。

明太もちチーズもんじゃ

Photo by @ayuyunyun

1,430円(税込)
定番から変わり種まで幅広いメニューのなかでもおすすめが、「明太もちチーズもんじゃ」。有名人にもファンが多い逸品です。大人から子どもまで大好きな明太子・もち・チーズは、間違いのないおいしさ!

全メニューにキャベツ・青のり・揚げ玉・桜えびが入っています。カレーやマーボーといった変わり種、切いか入りのシンプルな江戸もんじゃなど、気になったものをチョイスしてくださいね。
店舗情報

2. 芸能人のファンも多数「つくし」

Photo by @takaking22

「ホッピー通り」にある、浅草もんじゃ焼きの人気店。50年以上伝統の味を受け継ぐ愛され店です。お好み焼きやもんじゃ焼きはもちろん、こだわりの牛すじ煮込みや、バター焼きもファンが多いメニュー。

テーブル席や座敷席などがありますが、特に休日は混み合うことが多いので、余裕をもって訪れましょう。

もち明太チーズもんじゃ

Photo by @miporing55

1,210円(税込)
素材や組み合わせで数十種にも渡るメニューのなかで、おすすめは一番人気の「もち明太チーズもんじゃ」。迷ったらこちらをオーダーしましょう♪

「GACKTもんじゃ」「ももクロもんじゃ」など、著名人が食べたものを再現したメニューもあるので、ファンの方は必見ですよ!
店舗情報

3. インパクト抜群のもんじゃが人気「六文銭 本店」

Photo by @caorrie

昭和55年創業、浅草もんじゃの老舗「浅草六文銭」です。浅草もんじゃのルーツである“駄菓子屋時代のもんじゃ焼きの味”にこだわり、粉とソースの味を大事にするお店。

レトロな店内はテーブルや座敷などの席が広がっています。昔ながらのもんじゃを追求しながらも、次々と新メニューが登場するんですよ。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ