ステーキ以外にも!万能!宮のタレの使い方・アレンジレシピ8選

さっぱりとしたコクのある味わいで人気の「宮のタレ」という調味料をご存知でしょうか。お店の味わいをお家に居ながら楽しめるんだとか♪ 今回は宮のタレのおいしさの秘密やこだわり、基本の使い方を解説◎アレンジレシピも8選ご紹介します。

2018年12月7日 更新

1. いろいろ使えるたっぷりサイズ「ステーキ宮 宮のたれ 500gボトル」

ステーキ宮にも行ったことがあって、すでに虜になっている方には、こちらの大容量サイズがおすすめです。たっぷり2本入りなので、いろいろなお料理にも使えますよ。非加熱ながら賞味期限は60日間とたっぷりです。

2. お試しなら「ステーキ宮 宮のたれ 90gカップ」

人気の味わいはどんなものかと、お試しになりたい方には使いきりサイズのカップも用意されています。内容量は90gと、ステーキなら約2人前の量です。頻繁には使わないが、調味料としてストックしておきたいという方にもおすすめですよ。

タレ・ソースとして!宮のタレを使った絶品レシピ4選

1. オージービーフのステーキ丼

旨みたっぷりの宮のタレは、ステーキのタレとしてだけでなく、いろいろな食材のソースやタレとしてもおいしくいただけます。まずは、ステーキをごはんにのっけたステーキ丼からご紹介です。宮のタレにお肉と玉ねぎスライスを漬け込めば、リーズナブルなお肉もとってもおいしくいただけますよ。漬けダレに使ったものも煮詰めてから回しかければより深い味わいに♪

2. 我が家の定番ハンバーグ

宮のタレは、お家のハーンバーグソースとしても活躍してくれます。レシピでは牛肉100%のハンバーグですが、もちろん合い挽きでも、豚ひき肉でもよく合いますよ。いつものお家ハンバーグをひとつ格上げしてくれるアイテムです。

3. かんたんポークソテー

牛肉だけでなく、ポークステーキにかけてもおいしくいただけますよ。豚肉は、筋に切り込みを入れてから塩こしょうするのがおすすめ◎まずは表面を強火でしっかり焼いてから、焼き上げると肉汁を閉じ込めることができますよ。

4. かぶのドレッシング焼き

旨みたっぷりながら、さっぱりとした味わいの宮のタレは、和風のドレッシング感覚でも使えるんです。こちらは、やわらかい食感とやさしい甘みがおいしいカブと合わせたひと品。宮のタレをかけてトースターで焼くだけのお手軽レシピです。
2 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

mau_naka

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう