ライター : suncatch

食生活アドバイザー / パンシェルジュベーシック

大阪市在住、大学生と高校生の子をもつ主婦ライターです。育児中に長期入院生活を経験したことで、「おうちごはん」を作る楽しさ、頑張りすぎずに「おいしく味わう」ことの大切さを実感…もっとみる

「レーズンバター」を作ってみよう

Photo by Snapmart

「レーズンバター」とは、レーズンを混ぜ込んだバターのこと。そのまま洋酒のおつまみにしたり、クラッカーにのせてカナッペに、クッキーやパンに挟んでレーズバターサンドとして食べます。 市販では「小岩井 レーズン&バター」が有名、レーズンバターにホワイトチョコを混ぜ込んだクリームサンドクッキー「六花亭 マルセイバターサンド」も人気ですよね。

材料2つで簡単!「レーズンバター」の基本レシピ

Photo by suncatch

無塩バターとレーズンで作る、基本の「レーズンバター」レシピです。そのままワインのおつまみに、朝食のトーストと一緒に、手作り焼き菓子の材料にと、いろいろと活用できますよ。 基本をマスターして、ラムレーズンやお砂糖をプラスするなど、自分好みのアレンジも楽しんでくださいね♪

材料(作りやすい量)

Photo by suncatch

・無塩バター……100g ・レーズン……30g ※バターは常温に戻しておきます。

作り方

1. レーズンの下準備

Photo by suncatch

オイルコーテイングされているレーズンは、沸騰したお湯で20秒ほどゆでます。油分を落とすのが目的です。ゆですぎるとレーズンの風味も流れ出るので気をつけましょう。

Photo by suncatch

ザルに上げ、キッチンペーパーで押さえて水気を取ります。

Photo by suncatch

弱火のフライパンを軽く揺らしながら乾煎りして、レーズンの水気を完全に飛ばします。

Photo by suncatch

レーズンを粗く刻みます。

2. バターにレーズンを混ぜる

Photo by suncatch

バターをボウルに入れ、なめらかになるまで混ぜます。

Photo by suncatch

レーズンを加えて混ぜます。

3. 包んで冷やす

Photo by suncatch

30cm角にカットしたラップの上に、同じ大きさのクッキングペーパーをのせます。手前側にレーズンバターを棒状にのせます。

Photo by suncatch

手前から奥に一周、ラップごとペーパーを巻きます。バターの中に空洞ができないようぴったりと巻き込み、そのまま奥に転がします。

Photo by suncatch

両端をねじりキャンディのように包み、冷蔵庫で2時間から3時間冷やします。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS