ライター : ☆ゴン

カフェやレストランなど外食関連の紹介記事を中心に、豆知識やおいしい料理のレシピなど、皆さまのお役に立つ情報を発信したいと思います。

1. 三重でもっとも有名な伊勢の和菓子「赤福餅」

赤福盆 220円(税込)

お伊勢参りのお土産といえば、昔から「赤福餅」が定番中の定番として有名です。現地の直販店のほか、中京圏と近畿圏の主要駅や百貨店、空港売店などで販売されています。五十鈴川の流れを表したというこしあんの形状と、中のやわらかい餅が特徴。伊勢を訪れたらぜひ食べてほしい名物です。

伊勢のおかげ横丁にある老舗和菓子処「赤福 本店」

赤福氷 530円(税込)

かつてのお伊勢参りで賑わった町並みを再現した、伊勢神宮内宮前の「おかげ横丁」に位置するお店です。板張り外壁のどっしりと重厚感のある佇まいで、金文字の大きな木彫り看板が目印。本店内で食べられるのは赤福盆だけで、道路向かいにある別店では夏は赤福氷、冬は赤福善哉をいただけます。
店舗情報

2. 伊勢志摩を代表する郷土料理「手こね寿司」

全国各地に「手こね寿司」がありますが、伊勢でも古くから伝わる郷土料理として有名です。おもにかつおやまぐろなどの赤身魚を、醤油ベースのタレに漬け込んで、酢飯の上にのせた料理。各家庭ごとに味付けや調理法が異なるように、さまざまなお店でいろんなてこね寿司が提供されています。

伊勢の文化遺産で堪能「伊勢女衆(びと)の味 すし久」

手こね寿司 梅~松 1,280~2,580円(すべて税込)

伊勢にはてこね寿司を提供するお店が数多くありますが、なかでもこの「すし久」が特に有名。おかげ横丁のおはらい町通り沿いにあるお店で、白壁に入母屋造りの外観がよく目立ちます。木桶に入った酢飯に、かつおのヅケと刻み海苔がのった手こね寿司を求めて、多くの人が訪れる人気店です。
店舗情報

3. 中華料理店発祥のスタミナ料理「四日市とんてき」

「四日市とんてき」とは、三重県四日市市にあるご当地グルメのことです。各地のB級グルメ大会で入賞するなど、いまや名物としてよく知られています。

「四日市とんてき協会」という社団法人もあり、ちゃんとその定義も制定済み。豚ロース肉の厚切りステーキに黒い濃厚ソース、にんにくとキャベツを添えると規定されたスタミナ料理です。

濃厚ソースと丸ごとにんにくが評判「まつもとの来来憲」

大とんてき定食 1,760円(税込)

とんてきをウリにしているお店はたくさんありますが、この中華料理店が特においしいと評判です。塩や味噌てき、丸てきなどいろんなメニューがあるなかで、「大とんてき定食」が一番人気。ごはんやとん汁、お漬物とキャベツがおかわり自由なので、ガッツリ食べたい人におすすめです。
店舗情報
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ