5. 炊きあがりをかき混ぜてできあがり♪

Photo by ako0811

炊きあがった状態です。トマトが十字にそって割れています。トマトの皮が気になる方はこのタイミングで皮をそっと取り除いてもよいでしょう。

Photo by ako0811

トマトをしゃもじでやさしく押すように潰していきます。ご飯の水分が少なく感じますが、トマトを潰してかき混ぜていくうちに調度よくなってきますよ。ある程度トマトが潰れたら、底からさっくりお米と混ぜ合わせましょう。

Photo by ako0811

味見をして、塩、こしょうで最終調味したら完成です。薄い赤色に色づいたお米がとってもおしゃれ♪ ピラフのようにパラパラご飯になっているので、お肉やお魚にそえてもワンプレートで素敵です。

作るときのコツ

トマトから水分が出ることを見越して、お米に加える水の量をあらかじめ少なくしておきます。ピラフのようにパラパラご飯にする場合は大さじ6杯、もっちりとしたご飯にしたい場合は大さじ4~5杯減らすとよいでしょう。
▼サフランライスの作り方はこちら

和風トマトご飯の人気アレンジ3選

1. サバ缶でトマトご飯

健康食としても大人気のサバ缶、レシピもたくさんありますが、トマトご飯とあわせてみはいかがでしょうか?サバの旨みとトマトの酸味が絶妙!炊きあがりにはたっぷりの大葉を散らすと香り豊かで大人な雰囲気に♪ 素敵ご飯はそのまま食卓に出して、トマトをくずしながらサーブしてもおしゃれですよ。

2. 塩昆布入り和風トマトご飯

トマトご飯は和風な味付けでもとってもおいしい!使い切れないトマトがあれば冷凍保存しておくと、トマトご飯を作るときに使えて便利ですね。塩昆布やオクラを加えたトマトご飯は、塩気が効いているのでおにぎりにしても◎ピクニックに持っていけば、変わり種おにぎりとして注目を集めますよ。

3. 昆布出汁でミニトマトご飯

トマトを丸ごと1個使ったトマトご飯は、見た目のインパクトも大きいですね。こちらのレシピのようにミニトマトをたくさん使うと印象がガラリと変わります。取り分けて自分で崩しながら食べてもよさそう、白と赤の水玉がおしゃれなひと品です。昆布でじっくりととった出汁は飽きのこない和の味です。

洋風トマトご飯の人気アレンジ4選

4. ツナ缶入りトマトご飯

トマトだけだとあっさり、さっぱりとしたお味でおかずが欲しくなりますが、ツナ缶が入ると食べごたえが増しますね。ひと皿で大満足のピラフになります。軽く済ませたいお昼ご飯や週末ご飯などスイッチひとつで完成するので便利!薄焼き卵をのせればオムライスにも♪

編集部のおすすめ