ライター : Raico

製菓衛生師 / スイーツ&フードアナリスト / フードライター

情報誌の編集・ライターとして出版社に勤務後、パティシエとしてホテル・洋菓子店・カフェレストランにて修業を重ね、デザート商品開発に携わる。一方でフードコーディネーター、ラッピ…もっとみる

「軽食」ってどんなもの?

「軽食」と聞くと、どのようなものを想像するでしょうか?軽食とは読んで字のごとく、軽い食事のこと。手間や時間をかけることなく、簡単に食べられるものを指します。

ボリュームが控えめのものが多く、おやつや夜食に食べたくなるものがたくさん。もちろん、忙しいときにもサッと食べることができます。

どんなときに食べる?

では、軽食を食べたくなるのはどんなときでしょうか。簡単に食べられる軽食は、一日の中で大活躍してくれる便利なメニューです。

食事にゆっくりと時間をかけられない朝や、軽く済ませておきたいランチ、夕方からもうひと頑張りしたいときのおやつ、夜更かしのお供の夜食としてなど、いろいろなシチュエーションで楽しむことができますよ。

英語では「スナック(Snack)」

日本語で「スナック」というと、サクサクしたお菓子のことを表します。一方英語の「スナック(Snack)」は、軽食のこと。

その内容も日本の「軽食」よりも広い意味で使われ、ハンバーガーやサンドイッチはもちろん、サラダやチョコレートなども含まれます。軽い食事あれば食べ物の内容は問わない、ということなのです。

世界の軽食としての定番メニュー

日本

日本の軽食といえば、おにぎりを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。片手で食べることができ、時間がないときでもさっと食事を済ませることが可能。まさに軽食の王様と言っても過言ではありませんね。

小さいサイズでパクッとつまめる巻き寿司やおいなりさん、甘いものならおまんじゅうなども軽食のひとつです。

西欧

西洋で人気のある軽食といえば、フランスが発祥のカスクートではないでしょうか。カスクートとは、直訳するとフランス語で「パンの皮を割った」という意味。

名前の通り、切れ目を入れたフランスパンにチーズやハムなどを挟み、フランス風のサンドイッチとして仕上げるメニューです。今ではカスクートという言葉自体に、軽食という意味が含まれるそう。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ