牡蠣フライが家でサクサクに揚がる!コツや冷凍保存法

牡蠣フライを家で揚げてもサクサクにならない……。こんなお悩みの方必見!少しのコツやポイントを覚えれば、家でふんわりサクサクの牡蠣フライを作ることができます。食感がよくなるバッター液の付け方から揚げ方、便利な冷凍保存法までご紹介。人気レストランの味が家で再現できますよ。

2019年11月20日 更新

サクサク牡蠣フライの基本レシピ

調理時間:約20分

材料(2人分)

・牡蠣(むき身・大)……8個
・水(下処理用)……400cc
・塩(下処理用)……小さじ2杯
・塩こしょう……少々
・小麦粉……適量
・パン粉……適量
・サラダ油(揚げ用)……適量

バッター液

・小麦粉……大さじ4杯
・卵……1個
・水……大さじ1/2杯

下ごしらえ

ボウルに小麦粉、卵、水を入れて混ぜ合わせバッター液を作ります。

作り方

ガラスのボウルの中で洗われている牡蠣

Photo by macaroni

1. ボウルに水と塩を入れて混ぜ、牡蠣を入れて軽くゆすりながら洗います。
牡蠣の水分をキッチンペーパーで拭いている様子

Photo by macaroni

2. ペーパーで水気をしっかり拭き取ります。
パン粉をまぶされている牡蠣

Photo by macaroni

3. 牡蠣の両面に塩こしょうをまぶし、小麦粉、バッター液、パン粉の順につけ、両手で軽くおさえます。
牡蠣の形を整えている様子

Photo by macaroni

4. 丸く形を整えて、180℃に熱した油に入れます。
油の中からすくいあげられた牡蠣フライ

Photo by macaroni

5. 半量ずつきつね色になるまで2分から3分揚げます。器に盛り、お好みでタルタルソースをかけて召し上がれ♪
【レシピ提供 macaroni】

サクサク牡蠣フライを作るときのポイント

牡蠣は丁寧に洗い臭みをとる

牡蠣には汚れがたくさんついています。水と塩を入れたボウルで丁寧に洗いましょう。独特の牡蠣の臭みも洗うことで取り除くことができます。牡蠣はとてもやわらかい食材なので、力を入れずやさしく扱うようにしてください。

バッター液はつけすぎない

バッター液をつけすぎてしまうと、ベタっとした食感になってしまいます。牡蠣につけたときに、液がさらっと流れ落ちる程度がベスト。こうすることで薄い衣がつき、やわらかでサクッとした食感のおいしい牡蠣フライに仕上がります。

高温でさっくりと揚げる

揚げるときは、180度の高温をキープしてさっくりと揚げます。時間は2分程度で手早く揚げることが大切。一度に揚げる牡蠣の量は、鍋や牡蠣の大きさにもよりますが、3つ程度(鍋の3分の1~半分)にして、少しずつ揚げるようにしましょう。
▼牡蠣の栄養素や、気になる食中毒についてはこちらでチェック!

牡蠣フライは冷凍保存が可能

牡蠣フライは揚げる前の衣をつけた状態で冷凍保存が可能です。1つずつラップに包んだら、保存用の袋(ジッパー付きの密封できるものがベスト)に入れてしっかり空気を抜いて冷凍室へ。冷凍で1カ月ほど保存可能ですが、なるべく早めに食べるようにしましょう。

冷凍牡蠣フライの揚げ方のコツ

冷凍した牡蠣フライの場合は、自然解凍してしまうと衣から水分が出てべちゃっとしてしまうため、きれいに揚がりません。凍ったまま揚げるのが鉄則!ただし高温の油に入れると牡蠣の中まで火が通らないため、加熱前の油に冷凍牡蠣を並べて、常温からじっくり揚げていきましょう。

サクサク牡蠣フライをおうちで作ろう♪

サクッと揚がった牡蠣フライは絶品!牡蠣の下処理を丁寧にし、バッター液の付け方や揚げ方のポイントを覚えれば、お店のようなサクサクの牡蠣フライが家でも手軽に味わえます。

新鮮な牡蠣がたくさん手に入ったら、衣まで付けて冷凍保存するのがおすすめ。常温の油からじっくり揚げれば、晩ごはんのおかずやお弁当にも活用できて便利です。
揚げたてのおいしさを存分に楽しんでくださいね。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

yokoyama

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう