年越しそばの由来とは?食べるタイミングや歴史を解説

毎年、大晦日になるとなにげなくいただく「年越しそば」ですが、その由来や歴史をご存知でしょうか。何を願って食べられてきたのか、その理由やルーツを再確認!食べるタイミングや、うどんについて、トッピングの具材についてもご紹介しますよ。

2018年9月10日 更新

年越しそばの歴史

日本人の多くが触れる、12月31日の大晦日にお蕎麦をいただく「年越しそば」の習慣ですが、これは歴史的な書物にも記述があり、少なくとも江戸時代のころには定着していたと言われている風習なんです。

この「年越しそば」は、縁起をかついで食べられるようになったとされていますが、起源には諸説あり、そのなかでも有名なものをいくつかご紹介します。

年越しそばを食べる理由

長生きできるように

伸ばして細く切って作られるお蕎麦なので"細く長く"というところから、"健康長寿""家運長命"が連想され、縁起を担いで食べるようになったという説があります。

今年の不運を切り捨て、来年を幸運で迎えられるように

お蕎麦は、ほかの麺と比べて切れやすい事から"今年の不運を断ち切る"という意味で、来年を幸運で迎えられるように食べるようになったとされる説もあります。
1 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

mau_naka

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう