ライター : きく

ここ数年、海外を転々、旅暮らし中のフリーライター。 30代女性向けメディアを中心に活動中。

主食の意味とは?副食・主菜・副菜との違い

主食とは

おもに炭水化物やエネルギーを摂取できる、食事の中心となる食品のことを言い、ごはんやおもち、おそばやうどんなどを指します。外国ではじゃがいもや、トウモロコシをパウダーにしたものを使って生地状にしたり、私たちにもなじみ深いパスタなども主食にあたります。

副食とは

主食と一緒に食べるもののことを言います。主食に対する副食という概念として考えらており、ごはんや麺が主食、そのほかのスープ、サラダ、副菜のおかずが副食と言えます。丼料理や麺類だけのお料理の場合、主食、副食という構成にならないことがあります。

主菜とは

ごはんや麺と一緒に食べるメインのおかずで、たんぱく質、脂質、エネルギー、鉄などマルチな栄養の供給源です。ごはんによく合う食材を使うことが多いので、これらの栄養素を摂りすぎてしまう傾向に!大豆や卵を代用して、バランスよく用意するようにしましょう。

副菜とは

主菜以外のおかずのことを言います。副菜は、意識して食べることが必要!栄養としては必要だけれど、なくてもお腹がいっぱいになることが多いからなんです。お野菜や海藻、きのこなど、毎日少しずつでも食卓にのせるようにしましょう。

日本で食べられている主食の種類

Photos:10枚
味噌カツおにぎりサンド
さば缶の冷汁風そうめん
えび天そば
焼かない焼うどん
ふわふわ卵の絶品チャーハン
花巻
エビバーグのトルティーヤ
炊飯器で作る贅沢チキンパエリア
黒豆とスペアリブでフェイジョアーダ
フフ
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS