パンにすっと塗れる。手作りの「やわらかバター」でかしこく時短

「朝はパン派」という方も多いと思いますが、バターが固くてトーストに塗れない……なんて悩みも多いのでは?時間をかけて溶かせばいいんですが、「忙しい朝にそんな時間ない!」というときに便利なのが「やわらかいバター」。さっそく作り方をご紹介します。

2019年4月3日 更新

固いバターって塗りにくい…

焼きたてのトーストにじゅわっと染み込むバター。それを頬張る瞬間は至福のひとときですが、「固いバター問題」に悩まされていませんか?

バターが固くてなかなかトーストに塗れないのは、時間が貴重な朝の大問題!やわらかいマーガリンを使う手もあるけれど、やっぱりバターの風味は捨てがたい……。

そんな悩みを解決してくれる、手作りのやわらかいバター。市販のバターと、お好みのオイルで簡単に作れるレシピをご紹介します♪

「やわらかいバター」の作り方

「やわらかいバター」材料

Photo by muccinpurin

冷やす時間を考慮して、余裕をもって作ることをおすすめします。夜に作るとちょうど翌朝に使えますよ!さっそく作っていきましょう。

材料(約8人分)

・バター……50g
・オリーブオイル……30g

作り方

1. レンジでバターを溶かします

オリーブオイルとバター

Photo by muccinpurin

耐熱容器にオリーブオイルとバターを入れ、レンジにかけてバターを溶かします。

バターが溶けやすいように、ある程度細かくしておくとよいでしょう。オイルは加熱するとブクブク沸いてくるので、少し大きめの容器を使ってください。

オイルが熱くなるので取り出すときは注意しましょう。
バターが溶けた状態

Photo by muccinpurin

バターが溶けるとこのような液体状態になります。
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

muccinpurin

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう