ライター : ☆ゴン

カフェやレストランなど外食関連の紹介記事を中心に、豆知識やおいしい料理のレシピなど、皆さまのお役に立つ情報を発信したいと思います。

群馬のソウルフード「もつ煮」が大人気!

東京を中心とした首都圏の構成県である群馬県。古くから米と麦の二毛作栽培が盛んで、小麦粉を使ったご当地グルメが多いことで知られています。“ひもかわうどん” や “おっきりこみ” などの麺料理や、変わったところでは「ペヤングソース焼きそば」のメーカーがあることでも有名。

牛や豚などの畜産業も盛んで、大量に出るホルモンを消費しようと生まれたのが「もつ煮」です。群馬のもつ煮は野菜をほとんど使用せず、生産量全国1位のコンニャクともつだけで作るのが特徴。いまや県民のソウルフードともいわれる、もつ煮がおいしい人気店を紹介します。

1. 群馬を代表するもつ煮の有名店「永井食堂」

直線距離で650mほどの津久田駅が最寄りですが、その間に利根川を渡る橋がなく、迂回すると5.3kmもあります。そのため車なら6分ほどで行ける敷島駅が便利。山を上る坂道の国道沿いに立っていて、広い駐車場を完備したお店です。

白地に黒文字のファサード看板がある平屋建店舗で、建物前面にずらりと並んだアルミサッシ戸のどこからでも入れます。横に長い店内は、変形のL字型カウンターに、座席が26席ほどあるもつ煮専門の食堂です。

ぷりぷりでやわらかく甘辛い味が評判!もつ煮(単品)

料理のジャンルを問わず、群馬でトップクラスの高評価を誇る有名店で、ランチタイムには長蛇の列ができるほどです。ラーメンや厚揚げハンバーグ、ちょっとした料理もありますが、ほとんどの人が注文するのがこのもつ煮。多い日には1日に600食も売り上げるという、大人気のメニューです。

群馬産コシヒカリのごはんがよく合う。もつ煮定食

590円、ポテトサラダ 100円(すべて税込)
冷凍物は一切使用せず、国産の小腸のみを信州味噌と越後味噌で煮込んだもつ煮は、定食セットが一番人気のメニュー。ほかのお店の大盛りほどあるごはんと味噌汁、お漬物付きでこの価格はうれしい限りですね。ピリ辛味のもつ煮とよく合うように、ごはんは群馬産コシヒカリを硬めに炊いてあります。

お店の公式通販でお取り寄せもできる!もつっ子

1袋900g(3人前)1,000円(税込)
行列までするのはさすがに、という人には隣接の売店で購入。現地まで行けないという人には、お取り寄せがおすすめです。下記店舗情報の公式HPからネット注文できるうえ、電話やFAXでの注文もOK!お店で食べるのと同じ味を、家庭で手軽に楽しめます。

おうちで煮込むときに根菜や豆腐など、好みの具材を追加して、自分流にアレンジしてもきっとおいしいですよ。
店舗情報

2. 伊勢崎市の人気店「もつ煮屋 日の出食堂」

新伊勢崎駅東口から車で10分ほどのところ、上武道路から西の県道沿い、流通団地前交差点近くにあります。ブロンズサッシドアの白い平屋建店舗で、赤文字のファサード看板と道路際のポール看板が目印。白が基調の広々とした店内に、テーブル席と小上がりの座敷席が40席ほどある食堂です。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ