ライター : aaaharp

紅茶が好き。ライターとして、食だけでなくあらゆる分野のメディアで執筆しています。あちこちにアンテナを張っているので、暮らしに役立つ情報やトレンドをどんどんお届けしていきます。

テーブルマナーの基本

レストラン到着から着席まで

レストランでのテーブルマナーはすでに入店したときから始まっています。レストランに到着したタイミングからマナーに気を配れるようになりましょう。 レストラン入店時、お店のスタッフから予約の有無を聞かれると思います。このとき答えるのは通常男性とされています。女性のみの場合は予約をした人が答えましょう。 西洋では「レディファースト」が基本なので、女性から先に進みます。お店のスタッフが案内してくれる場合はスタッフについていき、カジュアルなお店でスタッフが案内しない場合は男性がエスコートするのが基本です。 着席時は、格式高いレストランの場合、スタッフが椅子を引いてくれるので、空いた場所に立ちます。スタッフが椅子を少し押してくれるので、椅子が膝の裏に当たるのを感じたら着席しましょう。 男女の組み合わせで来店する場合、ソファ席や景色が見えやすい席は女性に譲るのがマナーとも言われています。

料理のオーダー方法

どんなレストランかにもよりますが、大抵のメニューは「コース」or「アラカルト」に分かれます。 コース料理は前菜からメイン、デザートや食後のドリンクが付いてくるものまで品数はさまざまですが、ある程度メニューが決められているものが多いです。一方アラカルトは、簡単にいうと単品メニューです。好きな料理を数皿注文するのが一般的ですね。

食べるスピードや会話のマナー

テーブルマナーでは、カトラリーの扱い方ほどは意識されていませんが、食べるスピードに気を配るのも大事です。 人によって食べるのが早い・遅いがありますよね。普段家での食事やファストフード店などではあまり意識しないかもしれませんが、レストランでは早すぎても遅すぎてもよくないとされています。 一緒に食事をしている相手に合わせるよう心がけ、早すぎるようならゆっくり噛んで食べることを意識する、飲み物でワンクッション置くなどして相手に合わせてみましょう。 レストランでの食事は、料理の味を楽しむだけが目的ではありません。一緒に食事をする人との会話を楽しむことも、料理をおいしく味わうひとつの要素です。自分が早く食べすぎて相手を焦らせ、会話が楽しめなくなるのではよくありませんよね。 楽しく会話しながらおいしい料理を味わいましょう。

服装のマナー

あまりに高級なレストランでもない限り、厳密なドレスコードは特にありません。 それなりに格式高いレストランの場合は、男性ならばスーツ、ネクタイ着用、女性ならばドレスやきれいめのワンピース着用などのドレスコードがあります。 大抵のレストランの場合はそこまで厳密ではないので、「Tシャツとジーンズは避ける」くらいの認識で大丈夫でしょう。気になるのであれば、あまりにカジュアルな格好は避け、襟付きのシャツにスラックスくらいでOKです。

料理の種類別テーブルマナー

洋食のテーブルマナー

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ