ライター : 調理師/mau_naka

調理師

フードスペシャリスト/ふぐ取扱登録者/発酵食品マイスター/発酵食健康アドバイザー/漢方コーディネーター/薬膳調整師。やんちゃな男の子ふたりを育てながらも大好きな料理に関する追及…もっとみる

大きくてコクがある!丹波・黒枝豆の味や特徴

気になる味わい

人気のグルメマンガ『美味しんぼ』でも登場するなど、食通の間ではファンも多い黒枝豆。特に丹波の黒枝豆はその粒の大きさや色だけでなく、独特のコクや甘みに加え、濃くて深い味わいが人気なんです。

どんな品種なの?

黒枝豆とは、おせち料理をはじめお惣菜としてもポピュラーな煮豆「黒豆」に用いる品種を完熟前に収穫したものなんです。その品種は地域によってさまざまありますが、中でも丹波産の「丹波黒」が特に有名ですよね。枝豆向けに品種改良されたものもありますよ。

特徴は?普通の枝豆との違い

一般的な枝豆は未成熟な大豆を収穫したものです。普通の大豆品種なので、大きさや風味には大きな違いがあるんですよ。一般的な枝豆と比べると、粒の色が少し黒みがかっていて、もっちりとした食感と深い味わいが特徴です。

産地・旬

主な産地

黒枝豆の産地には兵庫県の丹波篠山のほかにも、北海道や長野県、お隣の京都府などが挙がります。もともとは丹波篠山のみで栽培されていた「丹波黒大豆枝豆」も、現在では滋賀県や京都府、岡山県などでもたくさん栽培されるようになっていますよ。

特集

FEATURE CONTENTS