ライター : ☆ゴン

カフェやレストランなど外食関連の紹介記事を中心に、豆知識やおいしい料理のレシピなど、皆さまのお役に立つ情報を発信したいと思います。

いつが食べごろ?桃の旬の時期と名産地

桃の旬と収穫時期

桃は品種がたいへん多い果物で、その旬の時期にも幅があるのが特徴です。農林水産省の品種登録データベースでは、なんと280~300種ほどのモモ種が、生産者名とともに登録されています。(※1)

桃の収穫時期は、早生・中生・晩生の3つに大きく分けられます。一番早いもので5月くらいから店頭に並ぶ「極早生種」がありますが量はまだわずか。最盛期は7~8月で、多くの品種が食べごろを迎えます。さらに晩生種では9月の終わりから10月に差しかかるころまでと、収穫期に違いがあるのです。

時期こそ長いものの、みずみずしい桃を食べるなら、やはり夏から初秋までのタイミングが一番。旬を逃さず、季節の味わいを楽しんでくださいね。

桃の産地は山梨、次いで福島の2県で半数超

桃の生産地は、例年1位が山梨県、次いで福島県が2位。この2県で全国シェアの5割以上の生産量を誇ります。そのほかに長野県や山形県、西日本では和歌山県、岡山県で栽培が盛んです。

かつて生産量日本一だった岡山県は、工業地域の拡大により栽培面積が減少。現在は6位に甘んじていますが、清水白桃の名産地として、いまだにブランドの人気は健在です。(※2)

それ以外の地域でも少しずつ栽培されていて、いろんな果物の産地として知られているところが、桃の産地でもあります。九州では、福岡県や熊本県が有名。旅行したときに、いままで見たことのない品種の桃に出会うかもしれませんね。

おいしい桃の選び方・食べごろ・保存のコツ

おいしい桃の選び方

基本的に形が左右対称で、全体的に赤色が濃い桃が良いとされます。枝がついていた軸側ではなく、反対のお尻側が白色をしているもの、そして香りが強いものを選ぶようにしましょう。黒ずんだ赤色の桃はまだ熟していないため、硬い場合が多いですよ。

果皮の表面に、細かいひび割れ模様ができていることがあります。見た目は良くないものの、陽射しをたっぷり浴びた証拠で、甘くておいしいことが多いです。

桃の食べごろの見分け方

桃の食べごろを見た目で判断するのは、かなりむずかしいです。よく指で押したらわかるという人もいますが、販売されている桃を触るのは絶対にNG!また「やわらかい=甘い」ではありません。追熟させるとやわらかくなるものの、桃の糖度は収穫時に決まり、その後は変わらないのです。

繰り返しになりますが、実が大きくて形が左右対称、果皮の赤色が濃くて青いお尻が白くなったものが食べごろ。果実全体にうぶ毛が生え、芳香が強いものほど良品だとされます。
Photos:9枚
まな板に桃を置き、種を中心に包丁で切り込みを入れている様子
両手で桃の実をねじって、半分に割った様子
種がついた側の実を片手で持ち、スプーンで種を取り除いている様子
まな板の上で実を半分にカットし、さらにくし切りにしている様子
くし切りした桃の実から、ひとつずつ皮を包丁でむいている様子
ひとつずつフルーツキャップで包装され、箱に詰められた白鳳
白い皿に置かれた丸ごとの水蜜桃
フルーツキャップで包装された黄桃が、たくさん並んでいる様子
白やピンク色のフルーツキャップで包装されているあかつき
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ