桃が一番おいしい旬はいつ?桃の選び方とおすすめ品種8選

夏に食べごろを迎える桃。香り高くジューシーな味わいで、大人から子どもまで幅広く人気のある果物ですね。ひと口に桃といっても、品種によって旬の時期や味わい・食感もさまざまです。今回はそんな桃の旬について詳しく解説、おすすめ品種も8つご紹介します。

2019年7月1日 更新

いつが食べごろ?桃の旬の時期と名産地

桃の旬と収穫時期

桃は品種がたいへん多い果物で、その旬の時期にも幅があります。農林水産省の品種登録データベースでは、なんと298種ものモモ種が登録されています(※1 / 2019年5月調べ)。

桃の収穫時期は大きく分けて早生・中生・晩生の3つに分けられます。一番早いものは5月くらいから店頭に並ぶ「極早生種」になりますが、量はまだわずか。最盛期は7~8月で、多くの品種が食べごろを迎えます。さらに晩生種では9月の終わりから10月に差し掛かる頃までと実に幅があるのです。

時期こそ長いものの、みずみずしい桃を食べるなら夏〜秋のタイミングが一番!旬を逃さず季節の味わいを楽しんでくださいね。

桃の産地は山梨、次いで福島が半数

桃の産地は、例年山梨県、次いで福島県。この2県が半数以上の生産量を誇っています。ほかに長野県や山形県、西日本では岡山県や和歌山県でよく作られています。(※2)

そのほかの地域でも少しずつ作られていて、果物の産地として有名なところが産地となっています。旅行先などで、今まで見たことのない品種の桃に出会うかもしれませんね。

おいしい桃の選び方・保存のコツ

1 / 6

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

吉田 鈴

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう