ライター : 吉田 鈴

関西出身、沖縄移住を経て、現在は那須に暮らしています。 家族は夫と、2017年末生まれの息子、そしてうさぎ2匹です。 子どもの頃から料理が好きで、調理の仕事もいくつか経験しまし…もっとみる

いつが食べごろ?桃の旬の時期と名産地

桃の旬と収穫時期

桃は品種がたいへん多い果物で、その旬の時期にも幅があります。農林水産省の品種登録データベースでは、なんと298種ものモモ種が登録されています(※1 / 2019年5月調べ)。 桃の収穫時期は大きく分けて早生・中生・晩生の3つに分けられます。一番早いものは5月くらいから店頭に並ぶ「極早生種」になりますが、量はまだわずか。最盛期は7~8月で、多くの品種が食べごろを迎えます。さらに晩生種では9月の終わりから10月に差し掛かる頃までと実に幅があるのです。 時期こそ長いものの、みずみずしい桃を食べるなら夏〜秋のタイミングが一番!旬を逃さず季節の味わいを楽しんでくださいね。

桃の産地は山梨、次いで福島が半数

桃の産地は、例年山梨県、次いで福島県。この2県が半数以上の生産量を誇っています。ほかに長野県や山形県、西日本では岡山県や和歌山県でよく作られています。(※2) そのほかの地域でも少しずつ作られていて、果物の産地として有名なところが産地となっています。旅行先などで、今まで見たことのない品種の桃に出会うかもしれませんね。

おいしい桃の選び方・保存のコツ

おいしい桃の選び方

形が左右対称で色がキレイな紅色のもの、枝がついていた側がやはりキレイな白い色をしているもの、そして香りがいいものを選びましょう。黒ずんだ紅色のものはよくありません。 表面に細かいひび割れ模様ができていることがあります。見た目はよくないのですが、太陽がよく当たった証拠で、おいしいことが多いようです。

桃の保存方法と食べ方

暖かい時期に実を結ぶ桃は、冷蔵庫に長く入れないほうがいい果物です。 まだかたい桃は、常温で保存しましょう。しばらくすると追熟してやわらかくなります。やわらかい桃は、あまり保存がきかないので早めに食べるのがおすすめ。冷蔵庫で保存したい場合は、ひとつずつ紙に包んで、ポリ袋に入れて野菜室へ。 常温の桃は、食べる1~2時間前に冷やすようにしましょう。食後のデザートでいただく場合は、ごはんを作る前に冷蔵庫に入れておくとちょうどよく冷えますよ。
Photos:4枚
お皿にのっているカットした白桃
箱に並んだ白鳳
お皿にのった水蜜桃
ネットがついた黄桃
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS